芸能

上野樹里 あのゴーマン女帝がまさかの「いい人」豹変

 先輩女優へのタメ口、気に入らないセリフの改ざん、記者会見でブチ切れなど、かつてはモンスター女優として知られていた上野樹里(35)。しかし最近は、エキセントリックな言動が皆無の「いい人」に豹変したという。撮影現場のマル秘エピソードを入手した。

 主演ドラマ「持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~」(TBS系)の初回平均視聴率は8.9%。そこそこ及第点の滑り出しだが、芸能評論家の平田昇二氏によると、現場には必ず真っ先に入り、スタッフへの気遣いも怠らないなど、上野本人の株は上がりっぱなしなのだという。

 同作はもともと、戸田恵梨香(33)を主演に想定して脚本が当て書きされたもの。戸田の体調不良による降板で上野にお鉢が回ってきた、いわば代役の座長なのだが、

「ワガママ放題だった若手時代の上野なら、そもそも受けていないような案件。それでも積極的に盛り上げ、現場の雰囲気は非常に良好だとか。上野は今年の3月末で古巣の大手事務所を退所し、その大手から独立したかつてのマネージャーが代表を務める芸能事務所と業務提携しています。恩義ある『育ての親』の顔を潰すわけにはいかない、と考えているのでしょう」(前出・平田氏)

 撮影現場で実際に上野の「神対応」を受けたエキストラ男性も、一気にファンになってしまったと語る。

「雨の中でのシーンだったのですが、想定以上の豪雨で撮影が一時中断。しかも、撮影場所の隣のホテルの関係者から『ウチの前での撮影を許可していない。すぐにやめてください』とクレームまで来て‥‥」

 3月中旬ながら、雨に加えて強風で体感温度は氷点下かと思うほど寒い。天候が和らぐのを待つエキストラは待機場所でブルブル震えていたという。その時だ。

「上野さんが近くのコンビニでホットドリンクを買い占め、差し入れしてくれたんです。スタッフに『温かいうちに配って』と指示したと思ったら、私たちのところまでやって来て、直接『(近くのビルの)中で待っててください。まだ始まりませんから』とニッコリ。スカート姿の女性には『使ってくださいね』と、自身用にスタッフが用意したブランケットを、自ら配ったりもしていました」(前出・エキストラ男性)

 現場を凍らせることも少なくなかったかつての「ゴーマン女帝」とは思えない、憎いばかりの心遣いの数々‥‥。

「ブランケットと間違えて、上野さんが現場まで穿いてきた、似たような素材のズボンも一緒に配ろうとしてしまったり(笑)。『これはあたしのズボン! スタイリストさんもよく間違えるの~』と慌てて取り返す一幕もありました。寒さでギスギスした雰囲気が一気に和やかになりましたね」

 今後も「いい人」の持続は可能だろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
不調の阪神タイガースにのしかかる「4人のFA選手」移籍流出問題!大山悠輔が「関西の水が合わない」
2
「メジャーでは通用しない」藤浪晋太郎に日本ハム・新庄剛志監督「獲得に虎視眈々」
3
新庄監督の「狙い」はココに!1軍昇格の日本ハム・清宮幸太郎は「巨人・オコエ瑠偉」になれるか
4
2軍暮らしに急展開!楽天・田中将大⇔中日・ビシエド「電撃トレード再燃」の舞台裏
5
「練習すると風が止む」武田修宏のモテすぎ伝説「広瀬すずの叔母と交際していた」