芸能

森高千里 「私がオバさんになっても」ナチュラルな美しさ

20140313f

「いったい、森高はいつオバさんになるんだ!」

 かつて「私がオバさんになっても」というヒット曲があった92年当時、弱冠23歳だった森高千里は44歳となった今もその美脚は健在そのもの。

 2月15日に大阪城ホールで行われたイベントには、シークレットゲストで出演。ミニスカ姿で見せた美脚に、1万人超の観客から歓声が上がったのだ。

 ラテンミュージシャンのパラダイス山元氏は、手放しで絶賛する。

「熊本出身の人は、全員がドモホルンリンクル(熊本が本拠地)を飲んでいるんじゃないかと思うくらいの肌のツルツル感。失礼ながら、さとう珠緒(40)の劣化ぶりや、中年になって再ブレイクした杉田かおる(49)の痛々しさとは、印象がまるで違う」

 あくまでナチュラルに全盛期をキープしているというのである。昨年来、90年代のライブ映像が続々と復刻されているが、2月には約2万円のボックス購入者を対象にデビュー以後、初となる握手会を開催。熱狂的なファンを喜ばせている。

「88年にヒットした『ザ・ストレス』のPVは、秋葉原電気街の全てのモニターから流れていたという伝説があります。いわゆるオタク文化が始まったのは彼女からということになる」(小谷氏)

 森高の代名詞となった「コスプレ」も同PVで披露しており、グラビアアイドルとは別の“直球じゃないセクシーさ”を展開する。そのため、男だけでなく、同性にも支持された。99年の江口洋介(46)との結婚・出産後は仕事をセーブしていたが、ここにきて待望の大復活である。

「これだけ長いこと一線から引いていると、セクシーであるとか、プロポーションの部分では衰えるはずなのに、新しい映像を見るとその限りではない。あらためて彼女の存在なくして、『モーニング娘。』を中心としたハロプロ勢は生まれなかったと思います」(高倉氏)

 森高の魅力はミニスカからのぞく太腿だけではない。背中にキュンキュンと響くミラクルボイスも健在だとパラダイス氏は言う。

「同郷の『くまモン』とコラボした歌では、あの声質をフルに聴かせてくれた。すばらしいマッチングでしたね」

 残る願いはただ1つ。アンナミラーズ風のコスプレも復活してほしい!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴