芸能

森高千里 「私がオバさんになっても」ナチュラルな美しさ

20140313f

「いったい、森高はいつオバさんになるんだ!」

 かつて「私がオバさんになっても」というヒット曲があった92年当時、弱冠23歳だった森高千里は44歳となった今もその美脚は健在そのもの。

 2月15日に大阪城ホールで行われたイベントには、シークレットゲストで出演。ミニスカ姿で見せた美脚に、1万人超の観客から歓声が上がったのだ。

 ラテンミュージシャンのパラダイス山元氏は、手放しで絶賛する。

「熊本出身の人は、全員がドモホルンリンクル(熊本が本拠地)を飲んでいるんじゃないかと思うくらいの肌のツルツル感。失礼ながら、さとう珠緒(40)の劣化ぶりや、中年になって再ブレイクした杉田かおる(49)の痛々しさとは、印象がまるで違う」

 あくまでナチュラルに全盛期をキープしているというのである。昨年来、90年代のライブ映像が続々と復刻されているが、2月には約2万円のボックス購入者を対象にデビュー以後、初となる握手会を開催。熱狂的なファンを喜ばせている。

「88年にヒットした『ザ・ストレス』のPVは、秋葉原電気街の全てのモニターから流れていたという伝説があります。いわゆるオタク文化が始まったのは彼女からということになる」(小谷氏)

 森高の代名詞となった「コスプレ」も同PVで披露しており、グラビアアイドルとは別の“直球じゃないセクシーさ”を展開する。そのため、男だけでなく、同性にも支持された。99年の江口洋介(46)との結婚・出産後は仕事をセーブしていたが、ここにきて待望の大復活である。

「これだけ長いこと一線から引いていると、セクシーであるとか、プロポーションの部分では衰えるはずなのに、新しい映像を見るとその限りではない。あらためて彼女の存在なくして、『モーニング娘。』を中心としたハロプロ勢は生まれなかったと思います」(高倉氏)

 森高の魅力はミニスカからのぞく太腿だけではない。背中にキュンキュンと響くミラクルボイスも健在だとパラダイス氏は言う。

「同郷の『くまモン』とコラボした歌では、あの声質をフルに聴かせてくれた。すばらしいマッチングでしたね」

 残る願いはただ1つ。アンナミラーズ風のコスプレも復活してほしい!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ケガ離脱中」巨人・坂本勇人復帰後の「取り扱い」を原監督が明言した
2
健気!藤田ニコル、衝撃水着ブリッジに「“正面ショット”もお願いします」の声
3
藤田ニコル、インスタに水着姿公開もまさかの「ドテ高」に議論集中!
4
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像
5
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史