社会

離婚アドバイザーが明かす“大震災で壊れた夫婦たち”(3)「震災で妻がノイローゼになり…」

 放射能でノイローゼ気味になってしまった妻を持て余した埼玉県在住の桜木淳史さん(45)=仮名=は、大学の理学部で原子力を教える教員であったというから、何とも皮肉である。

 妻とは少々金銭感覚が異なったり、妻の実家と折り合いが悪かったりという問題があるとはいえ、決定的な確執にはなっていなかった。

 だが、震災直後から妻の様子がおかしくなった。子供が4歳ということもあって、放射能に過剰に反応した。放射能について調べるため、一日中「ネットサーフィン」をしていたと思ったら、気分が悪くなり、そのまま寝込んでしまうことも。桜木さんが、「心配ない」と何度も言い聞かせたが、過激になる一方で、

「早く西へ逃げないと」

 と夫を責めたてた。さらに家庭のことをそっちのけで反原発の集会に参加したり、NPOのボランティアを手伝ったため、家の中はメチャクチャ。夫婦関係は冷え込むばかりだった。やがて、生活費から夫に無断で30万円も引き出してガイガーカウンターを購入。桜木さんが、

「ガイガーカウンターは大学にあるんだから、買う必要がない」

 と言ったところ大喧嘩に発展。そればかりか、西日本産の野菜を20万円分買いだめしていたことが発覚、桜木さんがたしなめると家を飛び出したのだ。

 そんな妻から離婚調停の申し立てがあったのは一昨年3月。一方的な申し立てだったが、結局は離婚に応じることにした。妻が福岡にいることがわかったのは昨年8月のことである。

 桜木さんがこう話す。

「絆の重要性を再認識したという美談が多いですが、本当にそれだけでしょうか。震災の経験は誰との絆が本当に大事なのかを再認識するいい機会になりました。妻とは遅かれ早かれ離婚することになったのではないか。震災が(離婚に)背中を押してくれたのではないか。震災をきっかけに絆の整理ができました」

 また、震災前から仕事が長続きせず、転職を繰り返す夫に男として幻滅していた、というのは関東地方に住む佳代子さん(35)=仮名=だ。震災後、夫の言動はあまりに大げさだった。食料品を買い占め、ネット情報に躍らされて放射能対策のためうがい薬を頻繁に服用した。

 家に閉じこもりがちになり、その一方で電気はつけ放題。自分さえよければそれでいい。そんな夫を見て、

「この人と一緒にいたら、子供も自己チューな人間になってしまう‥‥」

 そう思った佳代子さんは離婚を決意したのだった。

 最後に露木氏が言う。

「離婚は結婚の7倍大変だとも言われるだけに、震災を機に離婚を考えるようになったカップルは皆さん、たいへん苦しんでいます。最後は夫婦間の信頼の有無が明暗を左右する、ということに尽きますね」

 3年が経過した今も、あの大震災は人々の心や家族の日常を、かくもさまざまな形でかき乱しているのだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴