スポーツ

原監督の「タバコやめろ」指令で…巨人・坂本勇人「失策王」の原因は「ニコチン切れ」か

 巨人・坂本勇人の守備が「何かおかしい」ともっぱらだ。

「19年から3年連続ゴールデングラブ賞を受賞している坂本の昨季の失策は『4』。それが今季は4月27日時点で『5』と、既に前年を上回っており、規定打席到達者の中で失策王となっています」

 首をひねりながらこう解説するのは、スポーツ紙デスクだ。

「4月15日の阪神戦(甲子園)では、体調不良で欠場した岡本和真に代わって4番を任され、先制打を含むマルチ安打と活躍しました。一方で守備は実に6年ぶりとなる2失策を記録。これが原因となって、4─1で敗れる結果となりました」

 27日のDeNA戦(横浜)でも5回裏、桑原将志が放ったライナー性の打球を捌ききれない場面があった。記録は「ヒット」で失点にも結びつかなかったが、通常の坂本であれば難なく処理してもおかしくない打球。巨人ファンからは「坂本、集中力だいじょうぶ?」の声が上がっていた。

 そんな中、元巨人・岡崎郁のYouTube「アスリートアカデミア」に、シーズン中にもかかわらず原監督が出演。坂本の意外な一面を明かしている。スポーツライターが言う。

「『ここだけの話だけどさ』とした原監督によれば、坂本はもともと愛煙家で、開幕時に脇腹を痛めて登録を抹消された際、『もうタバコはやめなさい』『アスリートにタバコは似合わない』と、強めの文章でLINEを贈ったのだという。坂本はこれに『わかりました』と返信したそうなのですが、後日、『これはタバコじゃないんです』と電子タバコを見せてきて、原監督は呆れ返ったのだとか。今は完全禁煙中らしく、原監督も『今、闘ってると思いますよ』という状況。野球関係者の間では『ニコチン切れ?』と失策の原因を揶揄する指摘もあるそうです」

 敵と戦う前に、誘惑との闘いもあったとは…。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
キャンプ激震!西武ライオンズに再燃する「身売り話」の深刻事情
2
徳川家康ブチ切れ!通行人にノコギリで首を挽かせた「極刑中の極刑」絶叫シーン
3
これはいったい何が…深田恭子「激変した姿」の衝撃度
4
深田恭子「貴重な最新ショット」に「安堵」の一方で「気遣い」の声が出たワケ
5
「中に出して!」篠田麻里子のドロ沼不貞で浮上した「激しすぎる車中の情事」