芸能

眞鍋かをりが暴露した芸能界「枕営業」の真実…「私が泥をかぶって終わった」

 タレントの眞鍋かをりが、4月24日放送の「そこまで言って委員会NP」(読売テレビ)に出演。芸能界の「枕営業」について激白した。

 番組では園子温監督、榊英雄監督、俳優・木下ほうかなどで報じられた、一連の性加害スキャンダルがトークテーマに。MCの黒木千晶アナから枕営業の実態について聞かれた眞鍋は「あるでしょうね、という感じですね」と返答して、次のように続けた。

「ほんと昔から噂みたいなものはたくさん聞きますし、ただ、なんかこういうふうに表に出てきても結局、個人戦で終わってしまうんですよ。『あいつが悪い』で今まで終わらせてしまってたのが、ようやく業界として『これを見過ごしてる業界が悪い』と言う人が出てきたので、そうなれば少し変わってくるチャンスもあるのかなと思う」

 さらに自身を振り返って、

「私はたぶんそれ(枕営業)をうまく立ち振る舞って逃げてこられたというタイプではあるんですけど、それをちょっと若い時は『偉い』と思っちゃってたところもあったんですよ。でも、そういうことって逆に自分の首を絞めるというか。結局、自分はそういう被害に遭わなかった、スルーできた、ラッキーと思ってても、仕事が決まると『あいつ枕やって仕事とった』って言われるんですよ。(中略)結構前なんですけど、公の場で『こういうことがあるから仕事辞めたいです』みたいなことをちょっと言ったことがあるんです。そうすると『告発した』みたいな空気になって、当時は蓋開けてみたら私が実際にそういうことをやってて告発した、みたいな…。 結局、誰も助けてくれる人もいないし、私が泥をかぶって終わった、みたいな形になってしまった」

 この衝撃告白の背景について、テレビ関係者が解説する。

「眞鍋が枕営業を『告発した』というのは、かつて事務所に契約解除を求めた裁判で、事務所のオーナーと関係を持つことで番組に出演できたタレントがいると聞かされた、との話を暴露したことを指すのでしょう。眞鍋は『明かした女性たちにとって今声を上げることが、必ずしもそれで報われる結果になってない』とも嘆いていました。最近の一連の被害報道を考えれば、眞鍋の時代と何ら芸能界の環境は変わっていないのかもしれません」

 グラドル時代を経て、長年芸能界で活躍している眞鍋。様々な実態を知っているだけに、説得力のある内情暴露なのだが…。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
4
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
5
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意