政治

プーチンが持つ核弾頭は6000発!「必要とあらば使う」恫喝の本気度

 マリウポリを中心にウクライナ東部で激戦が続く、ロシアの軍事侵攻。いまだ終戦どころか、停戦の糸口さえ見つかっていない。

 そんな中、ロシアのプーチン大統領は4月27日の議員会合に出席し、

「外部から干渉する者は、我々の反撃が稲妻より早いものになることを知るべきだ。ロシアはあらゆる手段を持つ。我々はそれを自慢するのではなく、必要とあらば使うのだ」

 侵攻直後と変わらず、核兵器をチラつかせ、NATO(北大西洋条約機構)加盟国を中心とする、ウクライナに加担する国々を恫喝したのだった。軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏が解説する。

「ロシアを追い込むことで、プーチン大統領が『エスカレーション・ラダー』を上げてくるかもしれません。つまり、言葉による牽制では飽き足らず、実際に核兵器使用に踏み切って牽制する。それをNATOの盟主である米バイデン大統領は恐れているはずです」

 この「ラダー」とはハシゴのことだ。人類が登ったことがない「核戦争」というステージにハシゴをかけて、そこを昇るも降りるも自由である──。それが現在のプーチン大統領の立場であり、厄介な暴君たらしめる要因となっている。

 現在、ロシアが保有する核兵器の規模はいかほどか。前出の黒井氏によれば、

「米露間には、核兵器の軍縮条約である『新START(戦略兵器削減条約)』が締結されています。互いに保有する核兵器の数を規定するもので、10年に発効。21年1月には、バイデン大統領とプーチン大統領との間で、26年2月までの延長が合意に達しています」

 この条約でロシアが保有してもいい、配備可能な戦略核弾頭は1550発。ただし、備蓄の戦略核弾頭と非戦略核弾頭には数量制限がない。そのため、現在のロシアは戦略核、非戦略核合わせて約6000発を手中に収めているとみられている。それがいつ世界に、そして日本に降りかかってきてもおかしくはない…。

 5月10日発売の「週刊アサヒ芸能」(5月19日号)では、すぐそこに迫ったロシアの「核の脅威」について詳報している。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」