社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<腱板断裂(けんばんだんれつ)>五十肩との違いは夜中に肩ズキズキする

 肩の痛みといえば「四十肩」や「五十肩」が一般的だろう。ところが深夜にズキズキと痛み出したら「腱板断裂(けんばんだんれつ)」を疑ったほうがいい。

 腱板は、肩の関節を安定させる働きを持った4つの筋肉の総称で、肩関節にある腱板が裂けると発症する病気。主な原因は転倒や衝突などの外傷だが、「加齢」が原因で発症する場合も多い。特に40歳以上の中高年男性に多く見られ、右肩に発症しやすい傾向がある。

 実際の症状としては、肩が上げにくい、肩の痛みを感じる、肩を上げる際にゴリゴリ音がするなどが挙げられる。これは、肩を動かす際に、腱板の損傷している部分が周囲の骨に当たることにより、肩の痛みが生じるからだ。特に注意してほしいのは夜間の痛みだ。この症状が医療機関を受診するケースで最も多いといわれている。

 痛みの症状が「五十肩」と間違えやすいが、違いは、痛みがいつまでも続くことや、関節の動きが硬くなることは少ない。また、手を挙げる時にカが入らないなどの症状もある。

「腱板断裂」は整形外科を受診したほうがいいだろう。レントゲンでは腱板が写らないため、正確な診断はMRI検査を行うことになる。超音波検査も有用とされ、最近では、超音波検査のみで診断されることもある。「腱板断裂」と診断されたら、断裂部分が自然治癒することはないが、全体の7割程度は、保存療法で症状が改善する。

 治療法は、肩の周囲の筋肉を動かすリハビリなどを行うほか、腱の周りに滑りをよくするためにヒアルロン酸注射をする。痛み・炎症を抑えるために局所麻酔剤のステロイド注射を打つ場合もある。通院治療でも痛みが軽減しない場合は、断裂部分の縫合手術を行うこともある。放置すると悪化するため、肩の痛みを感じたら医療機関を受診しよう。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
2
爆弾投下で朝ドラ降板も!浜辺美波を襲う「男スキャンダル」大暴露予告の心身異変
3
「有村架純のバストを揉みしだく」禁断映像の一斉配信に異常興奮と嫉妬の嵐!
4
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論
5
水着写真で判明!藤田ニコル「おマタの膨らみ」に向けられた「アノ疑惑」に出た結論