芸能

上島竜兵も渡辺裕之も…「コロナの恐怖を煽るテレビに葬られたようなものだ」

 5月3日の渡辺裕之の首吊り自死、そして11日のダチョウ倶楽部・上島竜兵の死…。上島の関係者は「首吊りかどうかは…」と言葉を濁すが、自ら死を選んだのは間違いない。

 立て続けの大物芸能人の自死に、世の中だけでなく、芸能界も騒然としている。

 なぜ今、何が原因か。この理由として挙げられるのは、コロナに関連することだ。2年前からコロナ、コロナとテレビが大騒ぎし続け、特にメンタルをやられていたのが芸能界であり、芸能人。ベテランの芸能記者がこう語る。

「歌手を取材していてわかるのは、一様に元気がないということです。ある大物は『コロナになってからコンサートが全くなくなった』と肩を落としていました。『感染者が、感染者がと言われるたびに、胸が締め付けられる』と苦しい胸の内を語って…」

 渡辺の場合、夫人で女優の原日出子がコメントを発表し、「ただ、コロナの最初の自粛の頃から、人一倍家族思いで心配性の夫は、先行きの不安を口に出すようになり、考え込むことが多くなりました」と綴っている。渡辺を知るテレビ関係者も、

「ドラマの出演依頼はあっても、コロナで予定が変更になったり、チョイ役でギャラも20万円程度ということも増えて、真面目な性格だから落ち込んでいた」

 上島に関しては、かわいがってくれた志村けんがコロナに感染して亡くなったショックもある中で、生きがいでもあった酒席が激減。ギャラがいいイベント出演もなくなり、この2年以上は意気消沈の日々だった。先のベテラン芸能記者は、怒気を込めて言う。

「重症化しないオミクロン株になっても、会食は自粛しろ、大勢で集まるなと行動制限を呼びかけ、致死率はインフルエンザより高いとか後遺症が怖いなどと、実態とかけ離れた不安を煽り続けたのはテレビです。芸能界は、最もその恐怖に蝕まれた業界。渡辺も上島も、言ってみれば、テレビに葬られたようなもの。恐怖を煽り続けたワイドショーのコメンテーターや感染症の学者は、それでも反省しようとしていない。テレビ朝日の玉川徹氏はこのことをどう思っているのか。トップランナーで煽り続けたことについて、そろそろ弁明するべきではないか」

 ワイドショーやニュースは渡辺や上島をお涙頂戴的に取り上げる前に、自分の胸に手を当てて、やってきたことが間違っていなかったか、よくよく考えてほしいものだが。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
2
平愛梨とあの女優は真逆!W杯観戦姿を撮られた「有名妻の対応」に差が出たワケ
3
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」
4
Snow Man渡辺翔太の発言が騒動に!ガーシー予告「もう一組抜ける」の信ぴょう性
5
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」