スポーツ

「第二の藤浪」にするな!阪神の「二刀流」逸材・西純矢に忍び寄る「特別扱い」という爆弾

 早くも阪神・西純矢の今後を心配する声が出始めている。

 5月18日のヤクルト戦(神宮)で「8番・投手」としてスタメン出場し、今季2勝目をプロ初完投で飾っただけではない。打っても2回にプロ1号となる2ランをレフトスタンドに叩き込んだ。エンゼルス・大谷翔平ばりの「二刀流」の活躍に、虎党のボルテージは上がりに上がっている。

 今季の阪神は開幕から低迷。最下位街道を驀進しているだけに、盛り上がるのも仕方のないこと。だがこれは、危険な兆候であるという。

 球界OBが、不安の声を上げる。

「阪神の場合、少し活躍しただけで、球団も関西マスコミもすぐに特別扱いを始める。それで勘違いして伸び悩む選手が過去に何人もいた。高校生ならなおさらだ」

 最近ではその典型的な例が、藤浪晋太郎である。藤浪は入団1年目の2013年、高卒1年目ながら10勝6敗、防御率2.27と大活躍。セ・リーグから連盟特別表彰として、巨人・菅野智之と共に新人特別賞を受けた。14、15年も2ケタ勝利を挙げたが、その後は伸び悩んでいる。

 その大きな要因が、球団の甘やかし体質にあるという。在阪スポーツ紙デスクが言う。

「ここ最近はフロントの特別扱いを受けて、現場の首脳陣も特別扱いする傾向にある。低迷していた時期に、首脳陣は中継ぎや敗戦処理で再起を図ろうとしていた。ところが藤浪が『先発にこだわりたい』と難色を示したため、いつしか立ち消えになった」

 本来なら、選手起用は矢野燿大監督の専権事項である。だが、一個人の要求が現場でも通ってしまう体質が、阪神という球団にはある。亡くなった野村克也氏も、

「球団もすぐに人気選手個人の肩を持つ。マスコミもすぐに選手側に立ち、何かあると監督が悪いと叩きにくる。阪神の監督をやらなければよかった」

 とボヤいていた。

 藤浪も西も性格が良く、好青年だと言われている。だが、過大評価が続けば、勘違いも生まれてくる。

 西が逸材であることは事実だろう。それだけに、育て方を間違ってはならない。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
加藤綾子「活動休止」で蘇る…女子アナ生活14年を彩った「男7人」との「本当の関係」
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
広島カープOBが佐々岡監督Bクラス辞任を「バッティングセンター状態だった」酷評
5
激ヤバ!「チケットが売れない」オズワルドの大ピンチは伊藤が蛙亭イワクラと交際したから