スポーツ

「第二の藤浪」にするな!阪神の「二刀流」逸材・西純矢に忍び寄る「特別扱い」という爆弾

 早くも阪神・西純矢の今後を心配する声が出始めている。

 5月18日のヤクルト戦(神宮)で「8番・投手」としてスタメン出場し、今季2勝目をプロ初完投で飾っただけではない。打っても2回にプロ1号となる2ランをレフトスタンドに叩き込んだ。エンゼルス・大谷翔平ばりの「二刀流」の活躍に、虎党のボルテージは上がりに上がっている。

 今季の阪神は開幕から低迷。最下位街道を驀進しているだけに、盛り上がるのも仕方のないこと。だがこれは、危険な兆候であるという。

 球界OBが、不安の声を上げる。

「阪神の場合、少し活躍しただけで、球団も関西マスコミもすぐに特別扱いを始める。それで勘違いして伸び悩む選手が過去に何人もいた。高校生ならなおさらだ」

 最近ではその典型的な例が、藤浪晋太郎である。藤浪は入団1年目の2013年、高卒1年目ながら10勝6敗、防御率2.27と大活躍。セ・リーグから連盟特別表彰として、巨人・菅野智之と共に新人特別賞を受けた。14、15年も2ケタ勝利を挙げたが、その後は伸び悩んでいる。

 その大きな要因が、球団の甘やかし体質にあるという。在阪スポーツ紙デスクが言う。

「ここ最近はフロントの特別扱いを受けて、現場の首脳陣も特別扱いする傾向にある。低迷していた時期に、首脳陣は中継ぎや敗戦処理で再起を図ろうとしていた。ところが藤浪が『先発にこだわりたい』と難色を示したため、いつしか立ち消えになった」

 本来なら、選手起用は矢野燿大監督の専権事項である。だが、一個人の要求が現場でも通ってしまう体質が、阪神という球団にはある。亡くなった野村克也氏も、

「球団もすぐに人気選手個人の肩を持つ。マスコミもすぐに選手側に立ち、何かあると監督が悪いと叩きにくる。阪神の監督をやらなければよかった」

 とボヤいていた。

 藤浪も西も性格が良く、好青年だと言われている。だが、過大評価が続けば、勘違いも生まれてくる。

 西が逸材であることは事実だろう。それだけに、育て方を間違ってはならない。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
2
WBC「代替枠4人」候補に挙がる落選組「ベテラン投手」の名前
3
「料理はプロ級の腕前」なのに…木村文乃が打ち明けた「衝撃の事実」
4
トヨタ社長交代でカーマニアが沸き立つ「あの名車」復活劇
5
習近平のウソつき癖が治らない「春節期間中にコロナ感染爆発は起きなかった」の「死者隠蔽」実態