芸能

またガッキーロス!「鎌倉殿の13人」新垣結衣のラストシーンに「これは大河史上に残る名場面だ」

 小栗旬主演のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の第21話が5月29日に放送され、新垣結衣演じる八重が川に溺れる子供を助けて亡くなってしまった。この展開に、ネットでは号泣コメントが殺到。星野源と結婚した時以来の「ガッキーロス」が広がっている。

 今回の大河ドラマは、鎌倉幕府の初代将軍・源頼朝(大泉洋)を支えた幕府の2代目執権・北条義時(小栗)を始めとする、13人の家臣団による権力パワーゲームを描く。第21話では、義経(菅田将暉)を失った頼朝軍が奥州に攻め込み、藤原泰衡(山本浩司)を討ち取り凱旋。頼朝がいよいよ上洛を目指す、といった展開を見せる。

 そんな中、子供の面倒を見る八重は、親を失い天涯孤独となった男の子・鶴丸の面倒を見てほしいと頼まれ、引き受ける。ところが義時と八重の間に生まれた子・金剛と取っ組み合いのケンカ。諌める母・八重に「母上は金剛の母上です。私だけではダメなのですか」と思いを口にする金剛を抱きしめ「あなただけがいちばん大事」と笑みを浮かべる。まさに仏のような姿に「キュン死」する視聴者が続出したという。ところが、思わぬ悲劇が八重を襲う。

 テレビ誌記者が解説する。

「八重が三浦義村(山本耕史)と一緒に子供達を川遊びに連れて行くと、義村が用を足しているうちに、鶴丸が川に取り残された。岩にしがみつき怯える姿を見た八重が自ら川に入って鶴丸を助けるのですが、力尽きて命を落とすのです。このシーンに『嘘でしょ』『残酷すぎる』『これは完全に立ち直れない。ガッキーロスです』とのコメントで溢れました」

 さらに川で溺れる鶴丸と、川に沈められ亡くなった息子・千鶴丸を重ね合わせ、自ら命を落とすといった展開にも称賛の声が。

 歴史研究家によれば、

「言い伝えによると、八重姫は頼朝との仲を引き裂かれ、絶望の末に伊豆真珠ヶ淵へ身を投じて亡くなったという伝説もあります。岩にしがみつく鶴丸を見て、最愛の息子の命を助けることができなかった八重の、切ないまでの思いが重なるこのシーン。今作でも秀逸の名場面となりました」

 川の水面に姿を消す八重の姿は、大河における名場面として長く語り継がれるに違いない。

(窪田史朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故