芸能

岩田絵里奈も独立決起「日テレに誰もいなくなった」(1)スタッフからも人気が高いが…

 キー局で人気と実力が伴い始めたら、「即フリー」が常道となっている女子アナ業界。そんな中、待遇と居心地がよいのか、10年以上にわたって独立宣言を許していないのが、日本テレビである。ところが、人気絶頂の若手に「決起の瞬間」が近づいているという。

 白いTシャツに水色のパンツルック──。ショートパンツでナマ脚全開が当たり前になった昨今の始球式としては、地味なファッションだった。日テレの岩田絵里奈アナ(26)が登板した5月26日のプロ野球・巨人対オリックス戦のことである。だが、女子アナ評論家の京極しげる氏は、いたくコーフンした様子で、

「他の女子アナによる始球式と比べても、ダントツのセクシーさでした。日テレが展開する地球環境キャンペーンの一環だけあって、服の生地が地球に優しく、とにかく薄い。前代未聞の『スケスケ始球式』でした」

 特に、目線が釘付けになったのが下半身だった。

「ズボンが薄くてピチピチだったおかげで『パン線』がくっきり、その形状が丸わかり。小ぶりな下着が股間にグイッと食い込んでいたのがタマらなくて‥‥」(京極氏)

 しかも、大きく振りかぶる豪快フォームで投げたため、岩田アナはシャツの袖から生ワキをのぞかせる。セクシーな見どころ満載のせいか、ワンバン投球に終わるや、球場に響いた「アアン」という声も、艶めかしく聞こえてしまう。

 彼女の魅力はセクシーさだけではない。岩田アナを知るバラエティー番組スタッフは、こう熱弁をふるう。

「アナウンス部の先輩である森圭介アナ(43)が『水卜とは7年もかかったが、岩田とは3日で仲よくなった』と言うように、岩田アナは誰にでも分け隔てなく接する。その気立てのよさで、入社1年目に抜擢された『世界まる見え!テレビ特捜部』では、芸能界の大御所であるビートたけしと所ジョージに気に入られました。我々スタッフにとっても、非常に仕事をしやすい存在で、それが視聴者にも伝わるのでしょう。それは人気者になるはずですよ」

「ボディよし」「性格よし」と非の打ちどころがない岩田アナだが、最近は「芸もよし」と三拍子そろえるべく奮闘している。

「特技のものまねは絶品で、特に篠原涼子のマネに至っては、本職であるミラクルひかるに大絶賛されるほど。近く、特番の『ものまねグランプリ』に芸人枠で参戦することが決まっているんです。目下、さらに腕を磨くべく特訓中です」(スタッフ)

 岩田アナへの賛辞が止まない裏で、実は「深刻」な事態が動き出していた。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ