芸能

ボクシング・井上尚弥「圧倒的KO劇」に立ちはだかった「伏兵・長渕剛」の賛否

 6月7日のさいたまスーパーアリーナで、井上尚弥は圧倒的強さを見せ、ノニト・ドネアを2回1分24秒TKOで下して、日本人初の3団体統一世界王者となった。

 この試合は地上波テレビで放送せず、動画配信サービスのアマゾンプライムビデオが月会費500円で独占生配信した。

 試合は有料でも価値のある内容だったが、気になったのは合間に流れる、トレーニング機器「SIXPAD」のCMだ。歌手の長渕剛がトレーニングするCMで、SNSでは試合直後から「井上の試合より長渕のCMの方が長かった」「井上より長渕の方が強いのでは」「井上の次戦は長渕か?」「井上の後にオッサンの筋肉は見たくない」などの投稿が相次いだ。

 有料配信でのCMは他の動画配信サービスでも流れており「視聴料を払っているのに、なぜCMを見ないといけないのか」という声も出ていた。

 確かに日本の地上波で「有料」であるNHKはCMを放映していない。YouTubeは料金を払い「プレミアム」になればCMを飛ばすことができる。

 有料配信でのCM放送は今後、議論になる可能性はあるが、この試合を独占放送できたアマゾンは笑顔を隠せないだろう。

 国内でのボクシングライブ配信は、今年4月の村田諒太VSゲンナジー・ゴロフキンの世界ミドル級王座統一戦に続き2回目。村田VSゴロフキン戦も話題となり、多くの人が視聴した。井上VSドネア戦もボクシングの激しさが伝わる試合で、「長渕CM」という思わぬ「伏兵」こそ現れたが、アマゾンはスポーツライブ配信で実績を作った。

 井上が所属する大橋ジムの大橋秀行会長は6月3日付の朝日新聞で「地上波の放映権料に頼る今までの枠組みだと『億』を超える報酬は難しかった。動画配信事業者の登場で、天井が取れた。突き抜けたね」と語っている。

 村田とゴロフキンの報酬総額は20億円超だったという。井上VSドネア戦は2019年11月にも同じ場所で行われ、この時はフジテレビが生中継。井上の報酬は1億円だったが、今回は倍増の2億1000万円と言われている。

 国内スポーツも、地上波テレビ局が「お呼びでない」時代になりそうだ。

(健田ミナミ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
2
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」