芸能

柴咲コウ 女優業拡大のきっかけは経営会社の赤字垂れ流しだった

 20年に大手芸能プロから独立して以降、女優業をセーブしているようだった柴咲コウ(40)。ここに来て急に、ドラマや映画での出演を激増させているのだが。

 柴咲は16年に「レトロワグラース株式会社」を設立して代表取締役に就任している。芸能記者によれば、

「柴咲の会社は主にアパレル事業や食品事業、エンターテインメント事業などを展開していますが、創業以来赤字が続いており、累積赤字は4億円強にも及ぶと言われています。資本金も毎年のように増減を繰り返し、昨年10月には1億6492万円だったものが、現在は4512万円です」

 経営者としての危機感から別事業での収益回復を目論んだのか、今年に入ると、監督兼出演の短編作品が公開されるや、4月からW主演を務める「ホリック xxxHOLiC」(松竹)、9月に「沈黙のパレード」(東宝)、12月に「月の満ち欠け」(松竹)と、映画の公開が続々と控えているのだ。

 さらに今クールのTBS系連続ドラマ「インビジブル」でもヒロイン役を務めているが、弱り目に祟り目というか、ひどい惨状なのだ。テレビ誌記者が内情を明かす。

「視聴率が2ケタに到達したことがなく、初回の9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)が最高で、その後はダダ下がり。6月3日放送の第8話ではついに4.8%。同局金曜ドラマ枠の50周年記念ドラマとして華々しく開始され、現場でも柴咲が熱い議論を交えて取り組んでいる意欲作だというのに、ありえない惨敗です」

 会社の経営難が、女優としての勘所も狂わせているとでもいうのだろうか。経済評論家が語る。

「彼女の会社は確かに赤字続きですが、大手IT会社が資金面でバックアップしており、同社代表が役員としても入っているので、経営危機は免れています」

 ならば杞憂にすぎないのか。芸能プロ幹部もこう話す。

「そもそもデビュー以来、ヒット作にも恵まれ、17年にはNHK大河ドラマ『おんな城主直虎』で主演も務めた柴咲です。独立以降も出演オファーはひっきりなし。会社の窮状で急に安売りの露出を始めたわけではなく、ドラマなら1話120万円ほど、CMなら年間3000~4000万円で契約できる。芸能活動は会社の純粋な収入というだけではなく、事業の宣伝にもなりますからね」

 どうやら「おんな城主」は綱渡りを余儀なくされているようなのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「太川陽介が芸人に怒り爆発」「河合郁人に予想外の波乱」冬の東北で展開される大バトルの勝敗
2
因縁の「ミュージックステーション」で…「平野紫耀CM待ち」放送前後の天国と地獄
3
GACKTが元メンバーの墓参りで「供えたもの」に寄せられた称賛の嵐
4
合格率たった4%の名門スタンフォード大学に入る佐々木麟太郎「合格基準」に「大谷翔平と菊池雄星」
5
「大人の発達障害」のダークサイド…「カサンドラ症候群」に苦しみ離婚した女性の沈痛告白