芸能

水谷豊「相棒」に初代・寺脇康文カムバックで浮上する「最終回」と「有終の美」演出

 初代相棒がカムバック!

 10月スタートの水谷豊主演の人気連続ドラマ「相棒seoson21」(テレビ朝日系)で、第5代相棒を初代・亀山薫役の寺脇康文が演じることが6月22日、明かされた。前シリーズで第4代の相棒・反町隆史が降板し、ファンの間で「次は誰か!?」と関心が高まっていた中、根強い人気を誇る亀山が再登場。「嬉しくて涙が出ました」「驚きました」とファンは大喜びだ。

「相棒」ファンの芸能ライターが言う。

「水谷演じる杉下右京は知的でクールな一方、亀山は情にほだされやすい熱血漢。その対照的なキャラクターのバランスが絶妙で、それが『相棒』が長く愛される土台を築きました。寺脇は降板後、一度も再出演しなかったことで、待望論が強かった。その分、亀山と張り合っていた捜査一課の伊丹や芹沢との絡みや、妻の美和子との関係など、ファンは今から想像が膨らんで楽しみでしょう」

 ところがその一方では「そろそろ『相棒』も終焉か」との声も。水谷は今年、70歳を迎える。走ったり、時には声を張ったりする演技が求められる刑事役は体力的にかなり厳しくなってきているのだ。「相棒」の撮影以外の期間も、監督として映画を撮ったり主演したりと、精力的に活動している。「ある日、バッタリ倒れるんじゃないか」とハラハラしている水谷ファンもいるというのだ。ドラマライターが次のように分析する。

「水谷にとって『相棒』はもちろん愛着のある作品ですが、これが続く限り、1年のほとんどの時間を割かざるを得ない。そんな状態がもう20年以上続いているのですから、そろそろ区切りをつけて、俳優・監督としてやり残していることを、時間と体力を存分に使って全うしたい、と思っていても不思議はない。初代相棒が戻って再びタッグを組んでみせることで、有終の美を飾ろうとしているのではないか」

「相棒」最終回──ファンは最も聞きたくない言葉だろうが…。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
2
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
4
「有村架純のバストを揉みしだく」禁断映像の一斉配信に異常興奮と嫉妬の嵐!
5
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論