スポーツ

ヤクルトに「優勝はやめて」懇願するフジテレビ中継の困惑と悲哀

 ヤクルトは6月26日の巨人戦で、4番の村上宗隆が決勝の26号3ランアーチを放って勝利。チームは12カード連続の勝ち越しと、驚異的なスピードで白星を積み重ねている。

 カード初戦は16対6で爆勝したが、前日の2戦目は5対19で大敗。勝負の3試合目でしっかり勝ち越せたことに、高津臣吾監督は「最後まで競った試合を取れて、選手はよく頑張っている」と目尻を下げた。

 2位・巨人はこの日の1敗で03年以来、球団史上2度目の「6月に自力優勝の可能性消滅」となり、ヤクルトは最速で6月29日にリーグ優勝へのマジック点灯の可能性が出た。過去の最短点灯は、65年の南海ホークスが記録した7月6日。ヤクルトがプロ野球史上最速点灯を実現させることも十分ありうるのだ。

 この状況に困惑しているのはなんと、フジテレビ系列局の幹部たちだ。フジテレビ制作スタッフが嘆く。

「ヤクルトがリーグ優勝すると、キー局のフジテレビと球団の関係上、クライマックスシリーズや日本シリーズの全国中継が待っていますが、昨年も視聴率は散々。さらに試合終了まで延長するので、CM出稿に制約が生じます。調整が大変な上、視聴率も見込めないならいっそのこと、優勝を逃してほしいのですが…」

 身内からまさかの「優勝反対」発言の噴出に、燕ナインはどんな思いでこの先、戦っていくのか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
2
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
3
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美