芸能

松本人志が「バス旅番組」にモノ申す!「蛭子・太川を越えられない」で変わる勢力図

 田中要次と羽田圭介が17年に「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」を受け継いでから、はや5年。スタート当初、いまひとつだった評判は変わらず、放送のたびにバス旅ファンの間ではメンバーチェンジを望む声が上がる。2人の評価を、テレビ誌ライターが解説する。

「ゴールするのに夢中になってしまうのか、地元住民と触れ合うことが少なく、したがって、見どころも少ない印象です。2人ともキャラが立っていない上に、面白いことも言えず、全体的に盛り上がりに欠けますね。ただ、太川陽介と蛭子能収のコンビがよすぎたというのはあります。あの2人と比べていい評価を得られる人はなかなかいません」

 ここでなんとも意外だったのは、テレビ・芸能界のご意見番的立場の松本人志が、この激論に参戦したことだ。

 それは7月24日の「人志松本の酒のツマミになる話」(フジテレビ系)でのこと。

「同学年の有名人で集まってやりたいこと」という話題になった際、ゲストの神田愛花は元阪神・藤川球児氏、お笑い芸人のチャン・カワイの3人で「バス旅」をやりたいと切り出した。田中と羽田の「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」に出演するのではなく、3人で新たなバス旅を始めたい、と熱く語ったのだ。

 それを聞いた松本は、ズバッと斬る。

「確かにバス旅、いろんな企画が上がってますけど、やっぱり蛭子さんと太川さんをなかなか越えられていない、というのは正直ある」

 この発言に、お笑い関係者は驚きを隠せない。

「あの松本がバス旅について詳しいことに、面食らいました。現在は『バス旅Z』に加えて太川の『鬼ごっこ』『陣取り合戦』『バスVS鉄道』など、様々な企画が放送されています。それを知っているとは思いませんでしたよ。かなりのファンなのかもしれません」

 松本が「越えられていない」と指摘したものには当然、田中と羽田の番組も含まれており、

「それなら神田が作るバス旅の方がいいかもしれない、というニュアンスが込められていたように感じました。田中と羽田は現在の勝率が五分で、次で失敗したらクビになるというルール。松本がダメ出しした通り、やはり2人が失脚することになるのか…」(旅番組関係者)

 大御所の見解を、田中と羽田はどう受け止めるのか。松本のひと言が、バス旅番組の未来を変えるかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
2
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
3
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美