スポーツ

巨人・岡本和真「三振後のブータレ非紳士態度」イライラの原因とは

 巨人の主砲・岡本和真内野手の試合中の行為が、物議を醸している。

 その場面は、6月29日に福島県の郡山で行われた対中日戦の6回裏に訪れた。

「岡本が先頭打者として迎えた3打席目、中日の先発・高橋宏斗がフルカウントから投じたスプリットにタイミングが合わず空振りとなったのですが、すっぽ抜けたバットが中日の3塁側ベンチに飛び込んだんです。幸い首脳陣が俊敏に避け大事には至りませんでしたが、かなりのスピードだったためヒヤリとさせられましたね」(スポーツ紙記者)

 問題はそこからである。空振り三振となった岡本は飛んだバットの方向を一瞥すると、そのまま憮然とした表情で1塁側ベンチへと戻っていったのだ。

「通常であれば、バットを取りに行く素振りを見せるなり、中日側のベンチに頭を下げるようなケース。それを何事もなかったかのように、むしろなぜかキレたような表情を見せスタスタとベンチに帰る様子には、違和感を覚えざるを得ませんでした。中継を見ていた中日ファンからも《なんやコイツ》《ナメてるとしか思えない》《調子に乗ってんのか》《ぜんぜん紳士じゃねーじゃん》とのブーイングが飛び交ったのはもちろんのこと、巨人ファンからも疑問の声が出ていましたね」(野球ライター)

 いったい何があったのか。

「この試合を『ニッポン放送ショウアップナイター』で解説していた井端弘和氏はそんな岡本について『表情も含めて元気がなく感じてしまう』としていましたものの、調子の方は6月の月別成績が打率.317で本塁打5本と、徐々に上向いていましたからね。ただ、この日はかなり際どいインコース攻めを受け、前打席は結局四球になるなど、まともに勝負ができない状態だったことは確か。好調だからこそ苛立ちもあったのでしょうが、本塁打・打率・打点の全てで大きく引き離されつつあるライバルの村上宗隆(ヤクルト)の影響も大きいと思いますよ」(野球ライター)

 いずれにせよ、主軸のあのような態度は、チーム内にもギクシャクを呼ぶ要因になりそうだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日・安藤萌々アナがヤクルトキャンプで大顰蹙!村上宗隆以外はガン無視で会釈もせず…
2
YOSHIKI新バンド米国公演の前座は「世界的ガールズバンド」に「逆だろ!」ブーイング
3
今どきこんなことを言う選手が…サッカー・長友佑都の時代錯誤な見解
4
競馬界に風雲急!ホリプロが藤田菜七子から今村聖奈にシフトチェンジした「実力と性格」雲泥の差
5
「中に出して!」篠田麻里子のドロ沼不貞で浮上した「激しすぎる車中の情事」