芸能

桑子真帆×水卜麻美「W熟れ豊満バスト」頂上決戦(2)水卜麻美は「24時間テレビ」に備え体を絞り…

 そんな桑子アナに真っ向から立ち向かうのが水卜アナ。こちらも「熟れ豊満バスト」の仕上がり具合はバッチリのようで‥‥。京極氏が刮目したのは、

「6月15日放送の『有吉の壁』では、水卜アナも出演している映画『カベデミー賞 THE MOVIE』(ライブ・ビューイング・ジャパン)の撮影風景を紹介。彼女は卓球のシーンで、バストの形状が手に取るようにわかるピチピチの卓球ウェアをまとっていたのですが、ラケットを振るたびに豊満バストがハンパなく揺れる。挙げ句には、その格好で壁にもたれかかって腰を下ろし、胸元の膨らみをこれでもかと見せつけていました」

 セクシードレスも注目を集めている。

「水卜アナは7月2日『THE MUSIC DAY』でおっぱいのシルエットがクッキリ浮かぶエメラルドグリーンのドレスを着用。自身のインスタグラムでもその際の写真をアップしていて、彼女のサービス精神を称賛する声がコメント欄に殺到しました」(京極氏)

 水卜アナの大奮闘の背景には日本テレビの社内事情も絡んでいた。

 同局関係者が語る。

「来年に開局70周年を迎えるにあたって、日本テレビでは『70年プロジェクト』と銘打って社内改革を進めています。その中で浮上したのがアナウンス部内のプロダクション設立。局アナを社内プロの所属にすることで、人気アナには出演手当と称して給与の上積みができますからね」

 そうなれば、新会社の代表兼エースに抜擢されるのが水卜アナだ。パンパンに張ったバストは使命感の表れなのか。

「今年に入って桝太一や久野静香といった人気アナが退社しましたが、人材流出を食い止めるためにも、“水卜プロ”の設立は急務とも言われている。さらには、このところ自らが担当する『ZIP!』の視聴率低迷が各媒体で報じられていて『自分が頑張らないといけない』と律儀な気持ちが先走っているのでしょう」(日テレ関係者)

 また現場からは、彼女の衣装に関する意識の変化を指摘する声が。

「以前の水卜アナは、衣装にも細かく注文を出していたんです。太って見えることを嫌い、オレンジや黄色の衣装にNGを出すこともあった。それが今は何でもOK。朝の番組ではダボッとしたシャツが多いものの、夜の番組ではピタッとしたシルエットのシャツを着ることもある。中にはバストの輪郭がハッキリわかるものもあって、局内でも『よほど自分のボディに自信があるんだね』なんて囁かれていますよ」(番組関係者)

 そんな水卜アナの最大の晴れ舞台が、8月27日からオンエア予定の「24時間テレビ」。

 水卜アナを身近で知る女性局員が証言する。

「彼女は例年、ピチピチのTシャツで出演する『24時間テレビ』に備えて、4月頃から体を絞るのがお決まり。今年は3年ぶりの有観客開催とあって、例年以上に気合いが入っています。6月27日に行われた発表会見でも『完全に仕上がっている』と評判でした」

 豊乳化の裏には日々の努力があった。

「本人いわく、自宅ではバストアップクリームと美乳ローラーをこまめに使っていて、バストの張りとツヤの向上に余念がない。『24時間テレビ』の本番ではさらなる成長ぶりを見せてくれるはずですよ」(女性局員)

 この夏、桑子アナと水卜アナの豊乳頂上決戦の行方に注目したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
3
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】