社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<坐骨神経痛>お尻から足元にかけて痛みやしびれが続く

 お尻から足元にかけてズーンとくる痛みや痺れを感じたら「坐骨神経痛」かもしれない。

 これは坐骨神経に沿って起こる痛みや痺れの症状のこと。坐骨神経は、坐骨を通り、お尻の筋肉の梨状筋を抜けて足へ向かう末梢神経のひとつで、人によって痛みが出る場所や症状も異なり、冷え性やこむら返り、頻尿や尿失禁などの症状を伴うケースもある。

「ぎっくり腰」と勘違いをする人もいるが、これは重い荷物などを急に持ち上げたりするなど、突発的な動作をきっかけに発症することが知られ、「坐骨神経痛」は、特に思い当たるきっかけがなく、突然痛くなる場合が多い。

 発症原因として多くを占めるのが、「腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)」だ。これは50代以上の中高年に多い。主に加齢によって背骨が変形したり、靱帯が厚くなったりすることで、背骨の後ろ側にある神経の通る管(脊柱管)が狭くなり、神経が圧迫されることが原因となる。

「坐骨神経痛」の症状がある場合は、レントゲンやMRIなどで診断し、椎間板や神経の状態などの詳細を調べる。治療は、神経の血流を改善する血管拡張薬や消炎鎮痛薬、神経ブロック、患部への局所麻酔薬やステロイドのブロック注射を行う場合もある。症状によっては、体幹部トレーニングや下肢のストレッチ、ラジオ体操を勧める医師もいる。重症の場合は、手術を検討する場合もあるので注意が必要だ。

「坐骨神経痛」は、長時間、同じ姿勢でいることで発症することが多い。予防策は、足を組まずに座り、均一にお尻に負荷がかかる姿勢で座ることだ。長時間のデスクワークの人は、スタンディングワークに変えることも有効だ。腰・足の冷えも、悪化要因になるため、薄手の上着などで冷房対策にも努めたい。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
3
藤吉久美子が「バス旅に出たい」衝撃宣言!夫・太川陽介には秘密だった「蛭子能収との約束」
4
「100%幽霊が出るからやめておけ」現地民がおののく観光地「ベトナム大量拷問死」施設
5
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】