芸能

異端発掘!ニッポン「ロック革命的名盤」/いやらしい歌詞を乗せて…ブッ飛んだ世界観を具現化した「サンハウス」

 80年初頭に福岡から登場、絶大な人気を得たのが、ルースターズやモッズ、ロッカーズなど「めんたいビート」と称されるバンドである。だが、おそらくこのバンドがいなければ、彼らが現れることはなかっただろう。それが70年に結成された「サンハウス」だ。

 伝説のブルースマン、エドワード・サンハウスから命名されたバンドは、菊(柴山俊之、vo)、鮎川誠(g)、篠山哲雄(g)、奈良敏博(b)、鬼平(坂田紳一、ds)からなる5人組。

 まるで木と鉄で出来た楽器を、そのままアンプにブチ込んだようなソリッドなギターを弾く鮎川。それを支える奈良と鬼平の、鉄壁のリズム隊。そして、メチャクチャいかがわしいが、プロの作詞家には絶対に書けないであろう、ソングライティングの才能をいかんなく発揮したヴォーカルの菊。そんな彼らがぶつける、余分なものを全てそぎ落としたストレートなロックが、サンハウスの真骨頂だった。

 だからこそ、75年6月に発売したアルバム「有頂天」は、いろいろな意味でハンパなかった。

 いきなり「俺の体は黒くて長い 夜になったら抜け出して 手当たり次第に這い回る~」と歌い出す「キングスネークブルース」。2曲目の「借家のブルース」も文字通り、ロックの不良性を具現化したものだった。

 そして「ギミー・シェルター」にインスパイアされた「風よ吹け」「もうがまんできない」に続き、「トレイン・ケプト・ア・ローリン」にいやらしい歌詞を乗せ、見事なまでに自分たちの世界観に変えた「レモンティー」には、本当に脱帽という言葉しかない。

 B面は「ロックンロールの真最中」からスタート。「ミルクのみ人形」「地獄へドライブ」「スーツケースブルース」と、いずれも名曲が続くが、圧巻は5曲目の「なまずの唄」。おそらくB.Bキングの「キャットフィッシュ・ブルース」のインスパイアなのだろう。深い沼の底で、めったに顔を出さず、知る奴はいない「俺」を歌った無常さに、当時、菊のぶっ飛んだ天才的独自性を見て驚愕したことを憶えている。

 ギターの鮎川は、かつてインタビューで、こう語っていた。

「ストーンズから影響された曲はもちろんある。サンハウスは聴いてほしい、好いてほしい。俺の作ったレコードは、自分の可愛い子供だからね」

 当時、こんなロックバンドが存在していたとは…。「有頂天」は、めんたいロックの原点を知る上でも、重要すぎる名盤と言えるだろう。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
香川照之と長谷川博己が一触即発?「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ
4
「別の理由があった」今でも銀座で囁かれる香川照之「性加害事件の深い闇」
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…