芸能

Sexy Zone佐藤勝利と福本莉子「赤いナースコール」をV字回復させた「想像を超える残虐な遺体シーン」

 夏期ドラマが折り返し地点へと入り、秋元康が企画・原作・脚本を手掛ける連ドラ「赤いナースコール」(テレビ東京系)が終盤に向け、盛り上がりを見せている。

 同作は、TVerでトップ10入りもままならないことがあったが、最新の7話(8月22日放送)が一時、3位まで急浮上するなど、ランキングにも変化が見られ始めている。

 脚本家・春野翔太朗(Sexy Zone・佐藤勝利)と、恋人の三森アリサ(福本莉子)が、彼女の両親に挨拶に向かう途中で事故に遭い、車に同乗していた2人が病院に入院する、という背景から初回がスタート。病院内外で毎話、入院患者などが殺人に巻き込まれていき…というサスペンススリラーだ。ドラマライターが解説する。

「特筆すべきは、毎回死に追いやられていく人たちの、残虐な遺体シーン。映画であれば、PG-12どころかR-15指定までつきそうな、目を覆う殺人が次々と起こるのです。それらの手口には、よくぞここまで視聴者の恐怖心を煽る、バラエティーに富んだ方法を思いつくものだと、逆に『あっぱれ!』の称賛を送りたい」

 中でも6話(8月15日放送)は、放送直前に「映像表現において特にショッキングなシーンがあります」という異例のテロップが流れ、話題を呼んだ。ドラマライターが続ける。

「事件を調査していた女刑事(堀口紗奈)が、病院内への潜入捜査と称し、看護師としてひとり乗り込んでいく。今まで以上に残虐かつ卑劣なやり方とは…と、ラストでの彼女の死に様は想像をはるかに超えたもので、多くの視聴者が言葉を失うほどの衝撃がありました。それを受けての7話も、冒頭から見応えがありましたね」

 ゴールデン・プライム帯のドラマは、大抵がテレビ放送後にTVerランキングで上位に食い込む。ところが「初恋の悪魔」や「新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~」(ともに日本テレビ系)は、序盤での視聴率の伸びが今ひとつだったことに加え、トップ5入りさえ叶わない回もあった。それが最新話ではともに上位入りし、躍動し始めている。最新のドラマ満足度ランキング(オリコン)も、前者が2位(4話)。後者は9位(3話)につけた。

「赤いナースコール」の真犯人が気になるとともに、他作品の終盤に向けての巻き返しにも大いに期待したい。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
5
山田邦子「松ちゃんの性格はわかってるんで」/テリー伊藤対談(2)