社会

衝撃発掘!坂本龍馬はあの戦国武将・明智光秀と血のつながりがあった

 坂本龍馬の名前を知らない日本人はほとんどいないだろう。薩長同盟の成立に尽力し、明治維新の礎を築いた幕末の志士である(写真は、京急・立会川駅付近にある龍馬像。20歳の時にこの地に住んでいた)。

 才谷梅太郎という変名もある坂本家の本家「才谷屋」は、土佐城下屈指の豪商だった。龍馬の家は曽祖父・平八郎直海の時に分家して新規郷士となり、坂本姓を名乗るようになった。

 もとは城下には住んでおらず、祖先は長岡郡殖田郷(現在の高知県南国市才谷)の住人だったという。現在もその付近に、祖先である太郎五郎の碑が建っている。

 太郎五郎は近江国坂本城の城主だった、明智左馬之介光俊の子供と伝えられている。事実なら、近江から土佐まで落ち延びたことになる。

 光春や満春という名でも知られる左馬之介は、本能寺の変で有名な、明智光秀の重臣だ。「明智軍記」などによれば、光秀の叔父・光安の次男とされており、光秀とは血のつながったいとこ同士ということになる。天正6年(1578年)頃には、光秀の娘の再婚相手となったと伝わっている。

 光秀は、親戚で、しかも娘婿である左馬之介を誰よりも信頼したのは間違いない。実際、天正10年(1582年)の本能寺の変では、明智軍の先鋒として、京都の本能寺襲撃を命じている。その後、織田信長の居城・安土城の守備も任されている。

 その後、光秀が羽柴秀吉との山崎の戦いに敗れたことを知ると、左馬之介は安土城を出て坂本城に入城した。この際に生まれたのが、琵琶湖の湖上を馬で越えたという「明智左馬助の湖水渡り」伝説だ。

 大津で堀秀政の兵に遭遇した左馬之介は名馬にまたがり、雲竜を描いた羽織を着用。鞭を馬にあてて、琵琶湖を渡ったというのだ。

 だが、最後は堀秀政に坂本城を包囲され、光秀の妻子を刺し殺して、自分の妻を刺殺。自らも腹を切り、煙硝に火を放って自害した。

 その振る舞いは、戦国武将の鏡として称賛されたという。だが、その末裔とされる龍馬が武士の時代、武家社会を終わらせたのだから、皮肉な話である。

(道嶋慶)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談
3
「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」への対抗失敗…フジテレビ情報番組「全国ネット化」を阻む悩ましい問題
4
開幕ローテが近づく中日・根尾昴に「芸能人じゃないんだから!」ツッコミが入る理由
5
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱