スポーツ

通算勝利数1000勝に照準「よし、これだ」白鵬が不敵に微笑んだ!

 9月11日に東京・両国国技館で初日を迎える大相撲九月秋場所。

 7月に宮城野部屋を継承した元横綱・白鵬が、13代宮城野親方として初の本場所に臨む。注目されるのは宮城野部屋所属の19人の弟子たちだ。とくに七月場所に勝ち越した十両の炎鵬と北青鵬、そして、この秋場所で新弟子検査に合格すれば「幕下15枚目格付け出し」としてデビューする、2021年の学生横綱・川副圭太らに期待が高まる。

 そんな弟子たちを率いる宮城野親方=白鵬の自伝漫画を連載中なのが「週刊アサヒ芸能」だ。発売中の9月15日号では、史上最多の勝ち星に挑む白鵬が描かれている。

 それは、2016年一月初場所5日目の朝稽古の時だった…。

 記者から思いがけない質問が飛んだのだ。

「横綱ちょっといいですか。今日勝てば、通算勝利数951勝となって、史上4位の元横綱・北の湖関に並ぶことになりますが…」

 その問いかけに白鵬は、「一番一番の積み重ねへの相撲の神様からのご褒美」と答えるにとどまった。大鵬の優勝回数記録を超えて、目標喪失の只中にあった白鵬にとって、北の湖の通算勝利数は心の空白を埋めるには足りなかった。

 しかし、「次は1000勝」の言葉を聞いた瞬間、白鵬は奮い立つ。その「イッセンショウ」という響きが白鵬の心を捉えたのだ。史上2人しか達成していない大台。1位が元大関・魁皇の1047勝。2位は元横綱・千代の富士の1045勝である。

「よし、これだ」白鵬が不敵に微笑む。

 新たな目標が定まり、本場所に臨む白鵬だった。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
2
平愛梨に真野恵里菜…次々にゴールを決めるサッカー選手に“怨嗟”の声
3
吉岡里帆「監督に叱られた無名時代」ブレイクのきっかけは新垣結衣だった!
4
阪神の「夜遊び帝王」糸原健斗に忍び寄る「アレ流」レギュラー剥奪危機
5
スペイン戦直前…本田圭佑が放った「権力者は退場せよ」猛烈批判の真意