芸能

ドラマ「西遊記」でとんでもないセールスを記録…「ゴダイゴ」はなぜ国民的バンドになったのか/日本音楽シーン「名作裏面史」

 タケカワユキヒデ、ミッキー吉野らによる「ゴダイゴ」と聞いて思い浮かべるのは(世代にもよるが)まず、「モンキー・マジック」「ガンダーラ」ではなかろうか。

 彼らがデビューした当時の日本は、歌謡曲全盛時代。初期のゴダイゴはCMソングやテレビ、映画音楽の仕事がメインだった。業界ではクリエーターたちから一目置かれる存在だったものの、音楽番組への出演などなかったのである。

 そんな彼らに、ビッグチャンスが訪れる。それが夏目雅子主演で、堺正章や西田敏行らが出演するテレビドラマ「西遊記」(日本テレビ系)だった。78年に出たそのサントラ盤「西遊記(マジック・モンキー)」は、彼らにとって通算3枚目のアルバムとなる。

 この演奏、実は難解でマニアックなことをやりながら、心地いい世界へと誘い、小学生にも愛される存在に。ロックバンドとしては、とんでもないセールスを記録することになるのである。

「西遊記」のテーマ曲となった「ザ・バース・オブ・ジ・オデッセイ~モンキー・マジック」と「ガンダーラ(英語バージョン)」はシングルカットされ、前者(「モンキー・マジック」のみ)が56万枚、後者は89万枚というビッグセールスとなった。

 オリコンの週間アルバム・チャート1位を獲得しただけでなく、なんと79年の年間アルバムチャートで1位になるという快挙も達成。ゴダイゴは国民的バンドとして、その名を知らしめていくことになる。

 その後、ゴダイゴは日本を飛び出し、アメリカや中国でもコンサートを開催するなど、精力的な活動を続けるが、ベースのスティーヴ・フォックスが脱退後、ソロ活動が目立ち始める。そして85年春、10年間にわたる活動に終止符が打たれた。

 日本のロックを「お茶の間」に持ち込んだバンド。それがゴダイゴだったのである。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す