スポーツ

ゲス中絶強要で「村神様」を一気超え…裏流行語大賞は巨人・坂本勇人の「AF宣言」に!

「いくら本人や球団が何事もなかったように振る舞っても、女性への乱暴な性行為や中絶強要をあまりに軽く見た言動は、男女差別を許さない現代社会の常識とかけ離れている。そこに怒りを抑えきれない人たちは、SNS上でだけでも糾弾し続けようというムードがありますね」

 こう話す女性誌記者が指摘したのは、巨人の坂本勇人に発覚した、肉体関係トラブルである。

 性のはけ口として利用した女性にドS性癖を全開にし、ナマ出しのあげくに中絶を要求。なんともゲスな本性がバレたのだが、性ハラスメントで一気に干された香川照之騒動の直後だったことで、注目度は高まった。とはいえ、

「坂本は何事もなかったかのように試合に出場し、球団も放送メディアもスルー。『巨人はエグイ』の声が出たほどでしたね」(前出・女性誌記者)

 こうした流れを受けて、坂本には意外な「評価」が下されることに。スポーツライターが苦笑する。

「今年のプロ野球は、ヤクルトの主砲・村上宗隆を表す『村神様』というワードがトレンドの常連となりました。年末の流行語大賞の有力候補だとも言われています。ところが今回の中絶騒動で坂本が被害女性に発した数々の言葉が『村神様を超えるインパクトを残した』と称される事態になっています」

 中でも最大の失笑を買っているのが「けつあな確定」だといい、「AF宣言」と変換される始末。香川照之を彷彿させる「髪もひっぱりたい」や「おえおうさせたい」、そして女性たちに最もショックを与えた「おろしてくれるなら会うよ」も、ゲス評価はトップクラスだという。

「既に『村神様』を超える『五冠王確定』と、ブーイングが止む様子はありません。相手女性にアフターピルを常用させていたことで、『ナマ出し遊撃手』とまで言われる有様で…」(球界関係者)

 今年の「裏流行語大賞」は、ブッちぎりで確定である。

(山田ここ)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
2
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
3
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション
4
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
5
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」