芸能

「あの大物司会者」で起死回生の「いいとも級」大型番組を!フジテレビが一本釣りを狙う「昼のドン底枠」

 平日お昼のバラエティー番組「ポップUP!」(フジテレビ系)が、視聴率1%台を記録する低調ぶり。今年4月の番組スタートから半年も経たないうちに、年内打ち切り確定説が浮上しているのだ。テレビ関係者が語る。

「番組開始前から、目標は『ラヴィット!』(TBS系)という、志の低い目標を掲げていて、思わず耳を疑いました。前番組『バイキング』のMC・坂上忍は視聴者の好き嫌いが分かれる存在でしたが、番組内で問題発言を連発し、話題にはコト欠きませんでした。そこへ佐野瑞樹アナと山崎夕貴アナという局アナ2人…軽量級の登用には疑問だったのですが、案の定、話題になるのは低視聴率にまつわることぐらいで…」

 かつての「笑っていいとも!」という絶対王者の影は、跡形もない。ところが、

「実はかつての『いいとも』のような、大型番組を復活させるプロジェクトが進んでいるんです」

 と明かすのは、フジテレビ関係者である。続けて、

「とはいえ、タモリさんのような大物司会者を一本釣りできない状態が続いている。そのため、『次』が決まったら即座に看板をすげ替えられるよう、局アナ2人を起用したそうです」

 では、狙っている大物司会者とは誰なのか。

「ズバリ、中居正広です。最近こそ番組打ち切り説も出ていますが、『金曜日のスマイルたち』(TBS系)など、レギュラーは3本。お昼の顔としても、知名度はバッチリです。なにより芸能界では俳優、アイドル、芸人、スポーツ選手と幅広く交流を持ち、大物ゲストをブッキングできる器だと評価が高い。7月から新社長になった港浩一氏もこれを後押しし、『いいとも』レベルの番組を復活させて、どん底に落ちた局の再生を期している」(前出・フジテレビ関係者)

 去る9月10日、「FNSラフ&ミュージック~歌と笑いの祭典~」の放送中、中居はシーズン真っ只中の日本ハム・新庄剛志監督に、異例の生出演オファー。2夜連続放送があった翌11日に、サプライズ出演を実演させている。フジテレビを救うのは、やはり中居なのか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
加藤綾子「活動休止」で蘇る…女子アナ生活14年を彩った「男7人」との「本当の関係」
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
広島カープOBが佐々岡監督Bクラス辞任を「バッティングセンター状態だった」酷評
5
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇