スポーツ

巨人・坂本勇人「伝統の一戦」がヤジの応酬になった阪神・西勇輝との「ゲス比べ」

「試合開始前、巨人の先発メンバーが発表され、『2番ショート坂本』がコールされるや3塁側の阪神ファンからは失笑が漏れ、『このゲス野郎が!』とのヤジまで飛び交っていましたよ。ただでさえ観客がヒートアップする一戦だっただけに、坂本は完全に虎党の餌食にされたようですね」

 スポーツ紙デスクがこう振り返るのは、東京ドームで行われた9月17日の巨人VS阪神戦だ。この日は今季最後のの直接対決、しかもAクラス入りを懸け、わずか0.5ゲーム差で迎えた試合だっただけに、スタンドはいつも以上に熱気に包まれていた。そんな中で、辛口の阪神ファンにイジられまくったのが、渦中の男だったのである。理由はもちろん、9月10日に「文春オンライン」によって報じられた「中絶強要トラブル」だ。前出のスポーツ紙デスクは、

「巨人は文春の取材に、すでに互いの代理人弁護士を通じて示談したと回答はしているものの、暴露されたのが過激なプレイや避妊なしの性行為要求のうえに、いざ女性が妊娠を告げると堕胎を勧めるという最悪のゲスっぷり。残り試合も少なくなりましたが、まだまだ球場ではブーイングが続きそうですね」

 ところがこの日の試合、ゲス男へのブーイングは、阪神にも飛び火することになる。

「阪神の先発は20年7月、こちらも文春で緊急事態宣言中のキャンプ中に女性ファンとの『ホテル密会不貞』が報じられた西勇輝。それだけに、《どっちもどっちだろ》という指摘も出ていましたね。西は球団を通して謝罪文を出しており、本人のコメントは何もない坂本との差はありますが、双方、世間的には大甘の対処で済まされている点では同類。来季も含め、今後も直接対決ではそれぞれのファンから後ろ指を指されそうです」(スポーツライター)

「伝統の一戦」が泣いている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
3
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
4
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?