スポーツ

巨人・坂本勇人「伝統の一戦」がヤジの応酬になった阪神・西勇輝との「ゲス比べ」

「試合開始前、巨人の先発メンバーが発表され、『2番ショート坂本』がコールされるや3塁側の阪神ファンからは失笑が漏れ、『このゲス野郎が!』とのヤジまで飛び交っていましたよ。ただでさえ観客がヒートアップする一戦だっただけに、坂本は完全に虎党の餌食にされたようですね」

 スポーツ紙デスクがこう振り返るのは、東京ドームで行われた9月17日の巨人VS阪神戦だ。この日は今季最後のの直接対決、しかもAクラス入りを懸け、わずか0.5ゲーム差で迎えた試合だっただけに、スタンドはいつも以上に熱気に包まれていた。そんな中で、辛口の阪神ファンにイジられまくったのが、渦中の男だったのである。理由はもちろん、9月10日に「文春オンライン」によって報じられた「中絶強要トラブル」だ。前出のスポーツ紙デスクは、

「巨人は文春の取材に、すでに互いの代理人弁護士を通じて示談したと回答はしているものの、暴露されたのが過激なプレイや避妊なしの性行為要求のうえに、いざ女性が妊娠を告げると堕胎を勧めるという最悪のゲスっぷり。残り試合も少なくなりましたが、まだまだ球場ではブーイングが続きそうですね」

 ところがこの日の試合、ゲス男へのブーイングは、阪神にも飛び火することになる。

「阪神の先発は20年7月、こちらも文春で緊急事態宣言中のキャンプ中に女性ファンとの『ホテル密会不貞』が報じられた西勇輝。それだけに、《どっちもどっちだろ》という指摘も出ていましたね。西は球団を通して謝罪文を出しており、本人のコメントは何もない坂本との差はありますが、双方、世間的には大甘の対処で済まされている点では同類。来季も含め、今後も直接対決ではそれぞれのファンから後ろ指を指されそうです」(スポーツライター)

「伝統の一戦」が泣いている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
5
巨人「外国人獲りまくり計画」にOBが声を荒らげ猛反論