女子アナ

フジテレビ・永尾亜子アナ「フリー転身」大成功のカギは「同郷の超人気女優」

 今年7月の人事で広報局広報宣伝部に異動し、表舞台から姿を消している中での、衝撃報道──。

 フジテレビを今秋で退社するとスポーツ紙などで報じられているのが、永尾亜子元アナである。

 彼女は16年に入社後、「めざましテレビ」のエンタメキャスターなどを担当した。フジテレビ関係者が語る。

「入社1年目の夏に、局の音楽イベント『ULTRA JAPAN』の会場内で、局幹部と熱烈なディープキスをしていたことが報道された。この当時から『いつ辞めてもおかしくない』と、フリー転身説が根強く囁かれていたんです」

 ではなぜ、このタイミングで退社を決意したのか。フジテレビ関係者が続ける。

「一部報道では、広報局に異動してから出社拒否の状況が続いていたとか、遅刻癖があるせいで同僚から愛想を尽かされていた、などとされています。しかし結局のところ、年齢的にフリーアナとして成功するには、まだ20代後半の今がベストだと考えたのではないでしょうか」

 そのフリーアナとしての適性については、

「今春独立した久慈暁子や久代萌美のようなは華々しさこそありませんが、場を回す技術は抜群で、愛嬌も十分。サバサバしていて嫌味がなく、同性から好かれるフリーアナとして、活躍できるのでは」

 そう言って太鼓判を押す女子アナ評論家が、「フリー転身大成功のカギ」となる人物について言及する。

「ズバリ、同郷の超有名女優ですね。彼女の出身は、長崎県の五島列島。あの川口春奈と同じなんです。以前、番組の取材で川口にインタビューした際には地元話で盛り上がり、意気投合。フリー転身後は川口のYouTubeチャンネルなどで共演する機会が増えるでしょうね」

 強力タッグが繰り出す攻撃や、いかに──。

(山倉卓)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
5
サッカー柴崎岳の妻・真野恵里菜「撮影自粛願い」が招いた「オウンゴールな評判」