芸能

「ちむどんどん」謎と怒りの最終回「空白の20年をナレーションで一気越え」にア然ボー然

 9月30日、朝ドラ史上、最も視聴者に嫌われたNHK朝ドラ「ちむどんどん」が最終回を迎えた。最後まで裏切らない展開、イタチの最後っ屁のようなラストには、怒りを通り越して唖然とするばかりだ。

 そもそも「ちむどんどん」の公式サイトには、「沖縄に生まれ育ったヒロインと兄妹たちの50年の歩みを見つめる、笑って泣ける朗らかな、美しい家族とふるさと物語」とある。ところが終わってみれば、ヒロイン・暢子(黒島結菜)の小学生時代から始まり、高校卒業後、沖縄返還の年(1972年)には東京へ。銀座のイタリア料理店で修業し、7年後には独立。杉並で沖縄料理店を開店し、さらに5年後、沖縄移住を決意する──。

 と、ここまでが最終週前に描かれ、いよいよクライマックスへ。この時、暢子はまだ30代と思われる。あと1週間でどうやって20年を描くのか、と思っていたら、最終回で時空が飛んだ。

 玉手箱を開けた浦島太郎のように、一気に老けた暢子(黒島結菜)が登場したのだ。眉も髪も白くなり、メイクで見た目は老けたが、動きも声もそのまま。声のトーンを低くするとか、ゆっくり喋るとか、動作をスローにするとか、そういう工夫は一切なく…。

 ほかの兄妹(竜星涼・川口春奈・上白石萌歌)たちも似たりよったりだ。逆に娘や息子がこんなに老けているのに、いっこうに変わらない母(仲間由紀恵)。おそらく90歳は超えているはずなのだが…。

 この空白の20年は全て、ナレーションで解決。姉・良子夫婦は2人とも校長先生まで勤め上げ、兄・賢秀は家族からの借金を倍にして返したとか、妹は沖縄民謡歌手となり、レコードを何枚も出した云々。そこを見せろ、って話だ。

 前日、妹・歌子が生死をさまよう謎の病で入院したのは何だったのか。結局、わからずじまい。そして、ラスト。高校生の暢子と家族が食卓を囲む回想シーンでめでたしめでたし、半年間のトンデモ朝ドラ「ちむどんどん」は終了した。脚本家・羽原大介の名は一生忘れないだろう(いろんな意味で)。

 そして次週からスタートする新朝ドラ「舞いあがれ!」のCMに、またもや目がテンに。

 黒島結菜といい、次期ヒロインの福原遥といい、正直、あの声と喋り方が苦手なもので…。まあ、食わず嫌いはよくないので、まずは1週間、お試し視聴するとしよう。

(堀江南)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
2
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
サッカー柴崎岳の妻・真野恵里菜「撮影自粛願い」が招いた「オウンゴールな評判」
5
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ