スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「メモリーレゾンが波乱起こす」

 スプリンターズSに続く秋のGI戦第2弾、今週は秋華賞がメインとして行われる。

「女心と秋の空」とは、よく言われることわざだが、しかしこの秋華賞は、荒れることが多い牝馬戦とは思えぬほど、比較的堅く収まっている。

 02年に馬単が導入されて以降、これまでの20年間、その馬単による万馬券はわずか1回(馬連も1回)のみ。この間、1番人気馬は6勝(2着3回)、2番人気馬は7勝(2着4回)で、1、2番人気馬によるワンツー決着は3回。1、2番人気馬とも連対を外したのは、たったの3回しかない。とにかく順当に収まるケースが多いのだ。

 確かに、この20年間の勝ち馬を見ると納得してしまう。02年のファインモーションを手始めにスティルインラブ(03年)、スイープトウショウ(04年)、ダイワスカーレット(07年)、アパパネ(10年)、ジェンティルドンナ(12年)、ショウナンパンドラ(14年)、ディアドラ(17年)、アーモンドアイ(18年)、クロノジェネシス(19年)、デアリングタクト(20年)と、以後の活躍を見れば牡馬勝りの猛女、つまり女傑だらけなのだ。

 と、あっては今年も‥‥と思ってしまうところだが、さてどうか。

 もうそろそろ‥‥という見方もできるところで、実際、桜花賞、オークスを制して二冠馬に輝いた最有力候補のスターズオンアースは、オークスのあと両前脚の骨折が判明。今回は故障明けで5カ月ぶりのレースとなるだけに、とても絶対視できるものではない。

 また、トライアルのローズSを脚を余す格好で2着惜敗のサリエラは、レース間隔が短いことから体調を整えづらく、大事を取って出走を自重。そのローズSを制したアートハウス、同じくトライアルの紫苑Sを勝ったスタニングローズも、これまでの実績から全幅の信頼は寄せ切れない。

 ということで、かつてないほどの混戦模様ととらえてよく、人気どおり順当に収まるとは思いにくいのだ。穴党としては今年はひと波乱あり、とニラんで、メモリーレゾンに期待したい。8分の4の抽選対象馬だが、勢いがあり、出走枠に入れるとみての◎だ。

 6月の函館戦以来となった前走のローズSでは、強豪馬を相手に勝ち馬とコンマ5秒差の5着。これは高く評価していいのではなかろうか。

 3カ月ぶりの実戦で、しかも初めてのオープン戦。前半、少々折り合いを欠く場面が見られたにもかかわらず、終始6番手を追走。最後まで頑張り通したことを思うと、力は確かとみていいだろう。

 もちろん、休養後に一度使われたことで状態は良化している。この中間の調整も抜かりなく進められていており、稽古内容が実にいい。しっかりと乗り込んでおり、1週前の追い切りもリズミカルで軽快だった。

「春に比べて、体が丈夫でたくましくなったことは確か。思いどおりの調教を課せられるようになった」

 そう厩舎スタッフが口をそろえて、成長ぶりを強調しているほどだ。

 父オルフェーヴル譲りの強烈な決め手が身上で、一戦ごとに末脚は磨きがかかってきている。であれば、チャンスは十分あるとみていいのではないだろうか。

 1200メートル、1600メートル、1800メートル、2000メートルと、使われながら距離を延ばしてきて、それにきっちり応えて好結果を出している点も、レースセンスのよさを感じさせるところ。

 近親にこれといった活躍馬は見られないが、母系は欧州の一流血脈。アカ抜けて均斉の取れた好馬体も魅力で、有力どころと比べて実績は見劣るが、頂点に立っていい馬である。

 良馬場条件に大きく狙ってみたい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」