社会

信長のパワハラが始まり…本能寺の変を引き起こしたのは「社長秘書」の美女だった

 本能寺の変は、天正10年(1582年)6月2日、戦国時代の英雄・織田信長が、家臣の明智光秀の謀反によって倒されたもの…ということは誰でも知っている。パワハラが主な要因だったという話もあるが、事実はいまだに解明されていない。

 その中で、ある美女の死が本能寺の変を招いた、という説がある。信長の側室で、光秀の妹(義妹とも)である御妻木殿(おつまきどの)だ。

 御妻木殿は、興福寺多門院の院主・長実房俊也の書いた「多門院日記」などにも登場する人物。天正10年(1581年)の8月7日か8日に死亡したとされるが、生年は伝わっていない。

 彼女が信長の側室になったのは、永禄8年頃だ。信長の一族は戦国一の美女・お市の方や淀君を輩出したように、美男美女の家系。だが、明智一族も負けず劣らずの美男美女が多く出現した家柄で、御妻木殿もかなりの美形だったらしい。しかも、頭が切れた。どうも信長が一目ぼれし、側室としたらしい。

 この時点から、信長と光秀は義理の兄弟となった。光秀が織田家内で異例の速さで出世街道を駆け上がったのは、その才能がゆえと言われている。だが、親族になったことも大きく影響しているのは間違いない。

 御妻木殿は、信長と光秀の間を取り持つ役目も担っていた。天正5年(1577年)、光秀は興福寺と東大寺の争いの裁判を任された。この時、興福寺の立場を尊重する信長の意向を光秀に伝えたのは、御妻木殿だった。今で言う、有能な社長秘書といったところか。

 だが、夫・信長と兄・光秀の調整役だった御妻木殿の死で、状況は一変する。死亡の原因は伝わっていないが、彼女の死で光秀の政治的基盤が揺らいだのは間違いない。

「多門院日記」には、妹の死で光秀が「無比類」(ひるいなき)力を落とした、との記述も残っており、さらなる出世を目指す光秀には大きな痛手だった。

 本能寺の変が起きたのは、それから10カ月後。その間、信長からは数々のパワハラがあっただろう。それでも御妻木殿が間に入っていれば、丸く収まったことも多かったはずだ。ひとりの女性の死が、歴史を大きく動かしたことになる。

(道嶋慶)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
2
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
3
ウクライナ軍の「大規模奪還作戦」3月開始が判明!でもロシアに「勝ちすぎて」プーチンがヤバイ行動に…
4
「孤独のグルメ」見た勘違いドライバーが続出!猛烈寒波の北海道での「観光地獄」
5
井上尚弥はSバンタム級で勝てるのか…渡嘉敷勝男と米トレーナーの予想がまっぷたつに