芸能

明石家さんまと五輪柔道レジェンドは全く同じだった「天下を取る思考回路」

「日本一になるには、日本一の練習をしなければいけない。世界一になるには、世界一の練習が必要だと思ってたので…」

 こう言って現役時代を振り返ったのは、柔道家の谷亮子氏だ。夫は元プロ野球・谷佳知氏で、現在は日本プロ野球OBクラブの理事にも就いている。その縁から、10月24日のYouTube〈プロ野球OBクラブチャンネル〉に登場したのだが、そこで出たのが冒頭のセリフだったのである。92年のバルセロナから5大会連続で五輪出場し、金メダル2個、銀メダル2個、銅メダル1個を獲得したレジェンドならではの、重い言葉だろう。

 同じく日本プロ野球OBクラブ理事で野球解説者の石毛宏典氏も出演したのだが、かつてのスター選手をもってして、

「すいませんでした…と頭下げるしかないよね、オレら。そこまで腹据えて練習したっていうのがないもんね」

 と脱帽させたのだから。

 柔道界のレジェンドのスゴイ話はさらに続く。

「1対1の勝負なので、1回やった技は、次の対戦では研究されちゃってるんですよね。戦い方を100とか200通り作っておくっていうのが、戦術として、現役時代あんまり話さなかったですけど、こういう話は…」

 200通りの戦術を用意するなど想像を絶する努力だが、この話を聞いた芸能関係者は、とある大物を思い浮かべたという。

「明石家さんまがトークの礎を築いたのは、84年から95年まで出演した『笑っていいとも!』(フジテレビ系)だったと言われています。特にきっちりと企画を立てることもない、タモリとのガチンコトーク。ある話を振り、タモリの『YES』『NO』『どちらでもない』の反応に、さらに話を振る。ここからさらに『YES』『NO』『どちらでもない』という反応に自身の返しを加えると、27通りのストーリーになる。これを毎週、思い描いて収録に臨んでいたそうです」

 天下を取る人の思考と努力は、格闘界とお笑い界の垣根を越えて、共通したものがあったのだ。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
2軍暮らしに急展開!楽天・田中将大⇔中日・ビシエド「電撃トレード再燃」の舞台裏
2
不調の阪神タイガースにのしかかる「4人のFA選手」移籍流出問題!大山悠輔が「関西の水が合わない」
3
ボクシング・フェザー級「井上尚弥2世」体重超過の大失態に「ライセンスを停止せよ」
4
新庄監督の「狙い」はココに!1軍昇格の日本ハム・清宮幸太郎は「巨人・オコエ瑠偉」になれるか
5
「メジャーでは通用しない」藤浪晋太郎に日本ハム・新庄剛志監督「獲得に虎視眈々」