芸能

嗚呼、80年代アイドル32年ぶり和解までの「ワケあり相関図」(1)中森明菜との紅白出場交渉はギリギリまで

 年の瀬が迫る中、「NHK紅白歌合戦」の目玉として、8年ぶりとなる松田聖子と中森明菜の豪華共演や、デビュー40周年を迎える「花の82年組」の集結が注目されている。心配なのは、すったもんだあった“ワケあり”の人間関係。大舞台で一堂に会する前に、「黄金のアイドル相関図」を振り返ってみよう。

 昨年の「NHK紅白歌合戦」は、2部の平均世帯視聴率が34.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で過去最低を記録。それだけに、今年は“原点回帰”の方針転換が求められることになりそうだ。芸能ジャーナリストの佐々木博之氏によれば、

「ここ数年、高視聴率を目指し、若者世代に向けた出演者を起用していましたが、それが裏目に出てしまった。結局、視聴者の中心は中高年世代。紅白は単なる歌番組ではなく、大みそかを楽しむための行事なんです。同窓会のように、中高年世代が若い時に見ていた歌手が揃って出てくれるのがいちばん望ましい」

 ロックバンド・安全地帯の出場内定が報じられる中、目玉に浮上するのは、松田聖子(60)と中森明菜(57)だ。

 昨年の紅白では、直前となる12月18日に突然、娘・神田沙也加の悲報が届き、聖子は出場を辞退。それだけに、思い入れが強いと音楽関係者は言う。

「出場となれば、沙也加とデュエットした『瑠璃色の地球』か、沙也加のデビュー曲『ever since』を歌うと見られています」

 一方、夏に再始動を電撃発表した明菜は、「体調がよくないという報道もあるし、ギリギリまで交渉は続きそう」(佐々木氏)と、出場は微妙な状況だ。古参の芸能記者も首をかしげる。

「東京の北部に明菜が住んでいるという情報が流れ、最近もカメラマンが張り込んだのですが、姿を現すことはなかった。かつて明菜と仕事をしていたテレビマンが、海外に住んでいると話していたこともあり、出場しても14年と同じく、中継での出演が現実的です」

 80年代の歌姫以外の候補といえば、ソロデビュー35周年の工藤静香(52)は、9月22日放送の「SONGS」(NHK)で、フルート奏者としてメジャーデビューした長女・Cocomi(21)と共演した。

「『黄砂に吹かれて』でコラボしたのは、紅白に向けた“予行演習”だったともっぱらです」(芸能記者)

 さらに、中高年をターゲットに狙うのは、デビュー40周年を迎える「花の82年組」だ。明菜をはじめ、同期には、小泉今日子(56)や松本伊代(57)、原田知世(54)ら往年の人気歌手がズラリ。

「80年代のアイドルが華々しく集結すれば、話題性は十分。どういう形での出演かはわかりませんが、演出プランに挙がっているそうです」(芸能記者)

「黄金の80年組」と「花の82年組」が揃えば、それこそ最大のサプライズと言えるだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった
5
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」