芸能

発表!芸能界「セクシー熟女」選抜総選挙!(3)理知的フェロモンがたまらない菊川怜

20140605x

 さて、「うっふん★選抜」の予備軍たる「アンダー熟女」(17~32位)枠のメンバーに目をやれば、

「東京大学卒という事実に萌える学歴フェチが票を入れたのでしょうか。理知的なフェロモンを感じるんですね」

 と、安良氏が評するのは、19位の菊川怜(36)。有権者も同じく、クールビューティな色香に参っているようである。

「頭がいいけどグラビアの写真が色っぽいし、エロさを感じる。抱きたくなる色気にソソられます。昨年、2時間ドラマでの入浴シーンを見ましたが、非常に興奮しました」(49歳・保険)

 そんな学歴美女の実生活の様子はというと、

「東京・自由が丘で元陸上選手でスポーツコメンテーターの為末大氏と食事をしているところを目撃されています」(安良氏)

 為末氏は菊川がMCを務める情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)でコメンテーターをしている。安良氏が続ける。

「しかし、2人の間に恋愛の匂いは漂っておらず、どうやら投資の話をしていたようなのです」

 為末氏はかつて、投資ファンドグループと所属契約を結び、自身も投資。一時、その関連企業の取締役を務めていたこともあった。何かの株を菊川に薦めていたのか──。

 菊川と10票差の21位にランクした夏川結衣(45)には、芸能デスクが思いの丈をブチまける。

「あの潤んだ目で見られると、それはもうメロメロになりますよ。いつも目が濡れている感じなんです。セックスすると絶叫して、思いのほか乱れるタイプだと思います」

 アンニュイでどこか陰のあるようなイメージと夜の行状のギャップを思い起こさせて、たまらない気分になってしまうのだ。だからなのか、

「濃厚なご奉仕をしてくれそう」(52歳・漁業)

 との意見もあった。

 小林麻耶(34)の31位という順位を巡っては、こんな論議が持ちかけられた。

「非常に意外です。正直言って旬を過ぎているのに、なぜ支持率がそこそこ高いのか。天海祐希(46)、鈴木京香(45)、三浦理恵子(40)、小雪(37)よりも上だなんて。『笑っていいとも!』の後釜のバラエティ番組『バイキング』(フジ系)にレギュラー出演していますが、花嫁修業をするという設定のコーナーで料理を作ってはフライパンから大量に食材を飛び出させてキャーキャー叫んだり、厳しいツッコミを入れられて『エエ~ン』とウソ泣きするなど、過剰なまでのブリッ子ぶりが話題になっている。そんな痛すぎるキャラが、逆にオヤジの心に響いてしまったのか‥‥」(構成作家)

 最後に「ネクスト熟女」(33~48位)枠をチェック。35位にランクインした鈴木砂羽(41)は、「きのこのホクト」CMでのいやらしすぎる人妻演技が記憶に新しい。要潤に耳元でささやかれ、「ハアッ!」とアエギ声のような吐息を出してヨロけたり、きのこを持った手を要の股間に持っていったり。

「夫は10歳下の舞台俳優。非常にさばけた性格の彼女と、きのこCMのエロ映像が合体して、年下男を積極的に手ほどきする姿を妄想してしまいます」(芸能デスク)

 今年の熟女界は「うっふん★選抜」がますます盛り上げてくれること間違いなし。そして、来年のセンターは誰に!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
5
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!