芸能

鈴木砂羽「土下座強要」で女優2人をクビに!大事件の言い分/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

 東京・新宿にある新宿シアターモリエールは、最大キャパ190席ほどの小さな劇場だ。その小劇場で、鈴木砂羽の主演・演出による舞台「結婚の条件」をめぐって大事件が勃発したのは、同公演が初日を迎えた2017年9月13日だった。

 コトの起こりは4日前の9月9日午後、舞台に出演する2人の女優、鳳恵弥と牧野美千子がインターネット生放送に出演するため、通し稽古を早抜けしたい、と制作サイドに申し出たことにある。しかし鈴木がこれを認めず、土下座を強要。それをきっかけに降板を余儀なくされたとして9月12日、鳳が自身のブログに「人道にもとる扱いを受けた」と告発したのである。

 各メディアの取材に対し、鳳と牧野の所属事務所社長は、

「鈴木さんは『通し稽古を2回したかったのに、誰かのせいでできない!』と2人を罵倒した。脚本家の先生と牧野が頭を下げても納得いかず『ぬるいわね』と吐き捨てて、さらに2人を追い込んだ。結果、2人は土下座することになったんです」

 2人の降板についても、

「11日になって突然、鈴木さんが決めた代役での公演が決定したと通告され、2人は降板ということになった。つまり、ウチは降りたのではなく、降ろされたんです」

 そんな主張を展開したからさぁ大変。言った、言わない、された、されてない、の大騒ぎに発展することになったのである。

 ところがエンタメの世界というのは不思議なもので、騒動が話題になり、舞台初日は150席が瞬く間にソールドアウト。舞台終了後、記者会見を開いた鈴木は、事実関係を完全否定。

「土下座させたということは全くございません。ここではっきり主張させていただきますが、人道的に彼女の人格や尊厳をめちゃくちゃにするような罵声を浴びせた事実は一切ございません」

 舞台を手掛けた劇団主宰者・江頭美知留氏のマネージャーも報道陣に対応し、降板した2人の所属事務所社長から「公演を中止するか、鈴木によるパワハラでの降板だということを公式に発表するかを選択してほしい、と迫られた」として、その後もしばらく水掛け論争は続く。だが、両者にメリットがないことから、騒動はほどなくして終息することになる。ただただ、わだかまりを残す決着となったようで…。

 それから1年後の2018年8月30日。鈴木は演劇ユニット「港・ロッ区」の公演「ロックの女」に出演した。記者会見に臨んだ彼女は、

「人生には予想もしていないトラブルもある。役者がゴネたり叫んだり、どうプロデューサーは対処すべきか、ものすごい勉強になった。今は感謝しています」

 そのストレートな物言いにふと、また誤解を招かなければいいけどなぁ、と思ったのである。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ