芸能

ベストジーニストからジャニーズが「消滅」!選考方法変更で際立つ「帝国の弱体化」

 11月10日、「第39回ベストジーニスト2022」の授賞式が行われ、「一般選出部門」で菅田将暉とモデルのみちょぱこと池田美優、「協議会選出部門」に伊原剛志、広末涼子、仲里依紗らが選出された。

 ジーンズが最も似合う著名人に贈られるベストジーニストは、日本ジーンズ協議会の主催で84年から毎年発表。「協議会選出部門」ほか「次世代部門」は選考委員会によって選ばれるが、投票によって決められる「一般選出部門」は昨年、今年と投票方法が変更されている。芸能ライターの解説を聞こう。

「一昨年までの投票では男女一人ずつ、好みの著名人を選ぶことができ、男女それぞれのベスト10が発表されていました。それが昨年は、まずネット調査でランダムに選ばれた10代から70代までの世代からヒアリングし、男女上位10名をノミネート。そこから一般投票が行われるシステムになりました。さらに今年は、SNSによりランダムに選ばれた10代~50代1万人の集計から、上位男女各1名が決定する方式になったんです」

 こうした変更には、以前から指摘されていた、ジャニーズタレントが選出されがちな「偏り」を回避する目的があると言われる。芸能ライターが続ける。

「一般選出部門は94年から木村拓哉(~98年)、草なぎ剛(99年~03年)、04年は堂本剛、06~10年までが亀梨和也、以後も相葉雅紀(11~13年)、藤ヶ谷太輔(14年~16年)、中島裕翔(17~19年)と、ほぼジャニーズの独占状態にありました。これにはファンによる大量の組織票が影響していたとの見方もあり、それでも選考方法が変更された昨年は、King&Princeの永瀬廉が選出。ジャニーズ帝国の底力を見せつけたわけですが、さらに選考が厳しくなった今年は、ジャニーズが姿を消すことになったんです。今後、ジャニーズの威光が減退していくようなことが続けば、この傾向は強くなるでしょうね」

 今回の結果は、むしろ真っ当な形に近づいた、ということかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
「孤独のグルメ」見た勘違いドライバーが続出!猛烈寒波の北海道での「観光地獄」
3
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
4
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
5
ウクライナ軍の「大規模奪還作戦」3月開始が判明!でもロシアに「勝ちすぎて」プーチンがヤバイ行動に…