政治

ロシア軍「へルソン撤退」で錯乱プーチンが「何をしでかすかわからない」究極の暴挙

 ロシア国防省が11月9日に自軍に対し、ウクライナ南部のヘルソン州一部地域からの撤退を命じ、11日には撤退が完了したことを発表した。反転攻勢を続けるウクライナ軍にとっては大きな前進となったが、どうやら手放しで喜べる状況ではないようだ。

 ウクライナのミハイロ・ポドリャク大統領府長官顧問は10日、ロシア軍が撤退の腹いせでアパートや下水道など、あらゆるものを破壊していると、ツイッターで批判。「ロシア軍はヘルソンを死の街にするつもりだ」と訴えた。

 また、イギリスの国防省は、ロシア軍が撤退の際に複数の橋を破壊し、地雷を仕掛け、ウクライナ軍の進軍を遅らせていると分析している。軍事ライターが、現地の知られざる惨状を明かす。

「ロシア軍は戦時国際法を踏みにじり、まさにやりたい放題です。軍事目標と一般市民を区別せずに無差別攻撃を繰り返し、インフラや公共施設をことごとく破壊。現地住民の女性は乱暴を受け、子供から老人まで見境なく殺害されています。そもそもロシアには条約や協定を守るという意識は一切なく『まさか核は使わないだろう』などという楽観的な見方も通用しない。アメリカはウクライナに対し、移動式防空システム『アベンジャー』や地対空ミサイル『ホーク』など、4億ドル(約568億円)規模の軍事支援を提供すると発表しました。追い込まれたプーチンが何をしでかすか分からない状況は、ますます危険度を増していると言っていいでしょう」

 ロシア国内では、長引く戦争により、国民の不満が溜まり始めているという。大規模反戦デモでプーチン政権を転覆させ、戦争終結につなげる…そんな動きは期待できないものか。

(ケン高田)

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」