政治

ロシア軍「へルソン撤退」で錯乱プーチンが「何をしでかすかわからない」究極の暴挙

 ロシア国防省が11月9日に自軍に対し、ウクライナ南部のヘルソン州一部地域からの撤退を命じ、11日には撤退が完了したことを発表した。反転攻勢を続けるウクライナ軍にとっては大きな前進となったが、どうやら手放しで喜べる状況ではないようだ。

 ウクライナのミハイロ・ポドリャク大統領府長官顧問は10日、ロシア軍が撤退の腹いせでアパートや下水道など、あらゆるものを破壊していると、ツイッターで批判。「ロシア軍はヘルソンを死の街にするつもりだ」と訴えた。

 また、イギリスの国防省は、ロシア軍が撤退の際に複数の橋を破壊し、地雷を仕掛け、ウクライナ軍の進軍を遅らせていると分析している。軍事ライターが、現地の知られざる惨状を明かす。

「ロシア軍は戦時国際法を踏みにじり、まさにやりたい放題です。軍事目標と一般市民を区別せずに無差別攻撃を繰り返し、インフラや公共施設をことごとく破壊。現地住民の女性は乱暴を受け、子供から老人まで見境なく殺害されています。そもそもロシアには条約や協定を守るという意識は一切なく『まさか核は使わないだろう』などという楽観的な見方も通用しない。アメリカはウクライナに対し、移動式防空システム『アベンジャー』や地対空ミサイル『ホーク』など、4億ドル(約568億円)規模の軍事支援を提供すると発表しました。追い込まれたプーチンが何をしでかすか分からない状況は、ますます危険度を増していると言っていいでしょう」

 ロシア国内では、長引く戦争により、国民の不満が溜まり始めているという。大規模反戦デモでプーチン政権を転覆させ、戦争終結につなげる…そんな動きは期待できないものか。

(ケン高田)

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
4
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」
5
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション