政治

「検討士」岸田文雄VS「韓国の不人気男」尹錫悦…どっちが先に辞めるでショー!肉薄レポート

「現実的に検討を加速している」

 もはや意味不明の「検討士」ぶりで、いよいよ政権運営が危うくなってきた岸田文雄総理。一方、梨泰院の雑踏圧死事故で窮地に追い込まれているのが、韓国の尹錫悦大統領。国民総スカンのトップ2人は、どっちが先に辞めるでショー!…とばかりに、発売中の「週刊アサヒ芸能」が「辞任チキンレース」の模様を肉薄レポートしている。政治部デスクが岸田総理の迷言に顔をしかめる。

「いくら加速したところで、検討は検討にすぎません。車のアクセルじゃあるまいし。今年7月の参院選後、旧統一教会問題、国葬の閣議決定、閣僚の相次ぐ不祥事などにより、内閣支持率は急落しました。一時は国政選挙が空白となる『黄金の3年』と言われましたが、結局は『黄金の3カ月』で終わってしまった」

 岸田総理が支持率50%を維持したのは、参院選まで。その後は旧統一教会問題に円安・物価高、さらには閣僚スキャンダルなど問題山積となり、今や岸田不人気だけが加速する始末だ。

 片や末期症状のトップが顔をゆがめる中、片や尹錫悦大統領は崖っぷちに立たされている。支持率では岸田総理に負けない不人気ぶりだ。国際部記者が解説する。

「政治経験ゼロだけに、今年5月の就任当初から、支持率は50%程度と低かった。その後、3カ月で支持率は30%を割ると、9月のバイデン大統領と面会後の暴言、10月末の梨泰院事故後に再び、国民からNOを突き付けられています」

 不人気男を猛スピードで追いかける検討士。はたしてどちらが先に…の詳細は、先の「週刊アサヒ芸能」の特集記事で確認してほしい。

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
3
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
4
「日本ハムは今年も最下位になる」高木豊のダメ出しVS新庄監督…ガチンコ激突の行方
5
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由