芸能

真木よう子「歴史問題」大放言余波が止まらない!長澤まさみ主演映画に降りかかる「悩ましい影響」

 長澤まさみ主演の「コンフィデンスマンJP」は、18年4月期にフジテレビ系でドラマ化。19年5月に「ロマンス編」が映画化され、興行収入は29.7億円だった。20年7月公開の第2弾「プリンス編」は興行収入38.4億円で、前作を上回るヒットを記録し、今年1月には第3弾の「英雄編」も公開された。

「第4弾の映画化があるとすれば、どうにも悩ましい問題が発生してしまいました」

 そう言って表情を曇らせるのは、映画関係者である。

 11月9日、真木よう子が、韓国メディアのインタビューで、独学で日韓の歴史を勉強したとして「過去のことを謝罪したかった。私が日本人だという事実が恥ずかしかった」と語ったのだが、

「これが今後の仕事にも影響が出るのではないかと思えるほど、物議を醸しているんです」(芸能ライター)

 この放言をめぐっては、著名人もアキレるばかり。明治天皇の玄孫で政治評論家の竹田恒泰氏は、YouTubeチャンネル〈【公式】竹田恒泰チャンネル2〉で、次のように斬り捨てた。

「真実の歴史を学べばですね、日本人であることが恥ずかしいとか…そんなことになるわけがないですね」

 お笑い芸人のほんこんも同様に、YouTubeチャンネル〈ほんこんちゃんねる〉でこの件に触れ、

「何の文献、読みはったんかなとか思うけどな…」

 と首を捻るばかりなのである。この一件では視聴回数が32万回超と、ほんこんのチャンネルの中でも図抜けて関心があるようだった。

 ここで「コンフィデンスマンJP」に話を戻せば、「英雄編」に謎の女として真木が出演している。

「ネタバレになるので詳しくは明かせませんが、第4弾を予感させる発言を、劇中で謎の女がしており、となれば必ず真木の出番があるわけです。今回の発言で、製作陣は頭を悩ませるでしょうね」(前出・芸能ライター)

 思えば主要メンバーのひとり、東出昌大が唐田えりかとの不貞問題で、杏と離婚。作品のイメージに影響を与える中での、映画第3弾の公開だった。そこに今度は、歴史問題発言の大波紋。第4弾はどうなるのか。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
WBC「大谷翔平がいくら活躍してもダメだった」日本テレビのホンネ裏事情
2
大阪「警察官を包丁で刺した男」無罪判決で浮上する「バカ判事騒動」再び
3
巨人が頭を抱える「WBC大活躍組」岡本・大勢・戸郷の「新たな野望」問題
4
はじめしゃちょーも…大人気YouTuberが「核シェルター」続々購入で日本人の危機意識が変わる
5
薬物死!あの「押尾学事件」の被害者両親は賠償請求していなかった