スポーツ

長嶋と王に「何やってんだお前ら!」金田正一の大咆哮で「巨人V9」の幕が開けた

「巨人V9」の元年は1965年だ。以来9シーズンの偉業達成には、現役時代に「打撃の神様」と謳われた川上哲治監督、ミスターこと長嶋茂雄、本塁打王を獲ること15度の王貞治の功績が大きいのは言をまたない。

 だが、この定説に異を唱える人物がいた。

 その時代、長嶋、王とともにクリーンナップを任された末次利光氏である。11月18日、巨人の新打撃チーフコーチ・大久保博元氏のYouTubeチャンネル〈デーブ大久保チャンネル〉で、その末次氏が「もう1人の立役者」について語ったのだ。

 末次氏が中央大学を経て巨人入りしたのは65年。長らく近鉄で活躍した関根潤三の巨人移籍と同じ年であり、末次氏は関根の代走が初出場という奇縁もあった。

 この年、もう1人、球界のレジェンドが巨人に移籍している。国鉄時代、最多勝利3度、最優秀防御率3度、最多奪三振10度(当時、連盟表彰はなし)と数多くのタイトルを獲得、プロ野球界唯一の400勝投手、金田正一氏である。

 当時、キャンプでのチーム練習は13時ごろに終わったという。だが、この終了時間に、当時の金田氏が吠えたのだ。末次氏が語る。

「『なんだもう終わりか! ダメだよこんなんじゃ、何やってんだお前ら』って。それから王さん長嶋さんも走るようになった。金田さんのV9の貢献って大きい。だからみんな練習するようになった。あの人もよく動いてたから」

 これに大久保氏が持論を述べる。

「強いチームは、『やろう』ってなると真に受けてみんなやるじゃないですか。弱いチームは『何のためにやるんですか』ってのが先にくる」

 アーリーワークを取り入れるなど、練習量には定評がある大久保コーチ。今のところ巨人の選手は疑問を抱かず練習に励んでいると、大久保コーチは言う。つまり「強いチーム」の証だ。

 金田氏が引っ張ったように、大久保コーチの大喝で巨人が再び、V9ロードを歩み始めるのか。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
4
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」
5
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション