スポーツ

「中絶トラブル」広島カープ・中村奨成が成績ナシでも「年俸100万円ダウン」で済んだ理由

 広島カープの中村奨成が契約更改し、「100万円減」の800万円でサインした。

 中村は広陵高時代の17年夏の甲子園で、大会史上最多の6本塁打をマーク。この年のドラフトで広島から1位指名され入団したが、プロ通算5年間で2本塁打と伸び悩んでいた。

 しかも、今年10月には一部週刊誌が中村の「中絶トラブル」を報道。SNSを通じ、都内在住の30代女性を妊娠させて「え、産むん?」「だからおろすしかないじゃん」などと中絶を迫ったことが暴露されていた。スポーツ紙デスクもアキレて、

「中村の女グセの悪さはチーム内でも有名で、2軍本拠地がある由宇でも、女性ファンに声をかけている姿がたびたび目撃されています。球団内では当初、『トレードも止むなし』との声が上がっていましたが、もともと中村は松田元オーナーの強い推しによって獲得した選手とあり、今回は厳重注意で済んだようです。もっとも、プロ入り1年目から、自覚が足りないとコーチに言われ続けている上に、パッとしない成績。来季、結果を残せなければ、放出が現実味を帯びてくるでしょう」

 過去には、今オフに中日へトレード移籍した涌井秀章のように、遠征先でクラブホステスとのトラブルが報じられ大騒動になった例がある。今季も巨人・坂本勇人の中絶トラブルと特殊性癖が明らかになっている。

 ただ、いずれも成績を残していることから、当時の涌井は放出を免れ、坂本に至っては何のペナルティーもなく、球団ぐるみでダンマリを決め込んでいる。

 広陵高校出身の中村は生粋の広島県人として地元の期待も大きいが、それもタイムリミットが迫っている。

(ケン高田)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
5
巨人「外国人獲りまくり計画」にOBが声を荒らげ猛反論