スポーツ

巨人が坂本勇人を「野放し」で疑われる「問題児オコエ瑠偉」を教育できるのか

 現役ドラフトで巨人への移籍が決まった楽天の「問題児」オコエ瑠偉外野手。

 オコエは15年、関東第一高校からドラフト1位で楽天入りしたが、プロ7年間で通算236試合出場、打率2割1分9厘、9本塁打、44打点。今季もわずか6試合の出場で、25打数5安打の打率2割、本塁打ゼロと振るわなかった。それでも、

「俊足、強肩と身体能力は素晴らしく、25歳でまだまだノビシロはある。巨人の外野枠は来季、ウォーカーがレギュラーとして期待できるが、丸佳浩は33歳になり、いつまた一昨年のように不調の波が襲うかわからない。他はどんぐりの背比べ状態で、そこにオコエが割って入れる可能性は十分にある。伸び悩む松原聖弥あたりへの刺激も期待できるのでは」(スポーツ紙デスク)

 しかし問題は、オコエの巨人入り決定から早くも指摘されている素行の問題だ。年俸にそぐわない高級車を乗り回し、門限破りや練習中の喫煙、奇抜な髪型などなどだが、石井一久監督をも「自己評価が少し高い感じがする」と呆れ返らせていた。

「そんなオコエを、大久保博元打撃チーフコーチや元木大介作戦兼内野守備コーチが厳しい姿勢で、心身ともに叩き直せば期待はできる。ただ、いかんせん、今季はチームの顔である坂本勇人に発覚した中絶トラブルをはじめとする下衆スキャンダルまみれの状態になり、出場試合も激減したにもかかわらず、球団は何の制裁も加えなかった。そんな球団で、オコエの言動を周囲が堂々と正せるのかは、はなはだ疑問です」(球界OB)

 その前に、まずは1軍に残れるかだろう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道