社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<脳卒中>脱水症状を発症すると血流悪化の危険も!?

 12月に入り、冷え込む日が多くなってきた。空気の冷たい冬場は「脳卒中」が起きやすい時期だとされる。

「脳卒中」は、脳の血管が詰まったり破れたりすることによって、脳が損傷を受ける病気。発症すると、身体機能や言語機能に障害を及ぼしたり、場合によっては死に至る危険もある。

「脳卒中」は3つに分類される。脳の血管が詰まる「脳梗塞」、脳の血管が破れると「脳出血」、脳の血管にできたこぶが破裂して、脳のくも膜の下で出血した場合を「くも膜下出血」と呼ぶ。

 冬季に気をつけたいのは、激しい温度差。急に寒くなると、脳内血管が収縮し、血圧が上昇。血管障害を引き起こす。これを抑えるために、日頃から血圧を計測して自身の血圧の状態を把握しておくことが重要だ。

「脳卒中」の予防で重要なのが寒暖差への対応だ。外に出る場合は肌着やマフラーを身につけるなど、防寒対策は必須といえよう。室内でも入浴時などの寒暖差が激しい場所では、特に注意が必要だ。脱衣所に暖房器具を置いたり、入浴する前には、風呂のふたを外して浴室を温めておくなどして、ヒートショックを防ぐように心掛けてほしい。風呂の温度を上げすぎない、帰宅直後に入浴しないことなども有効だ。

 水分不足も脳卒中のリスク要因になる。脱水症状に陥ると、血流が悪化して「脳卒中」を発症しやすくなってしまうからだ。

 脱水症状を防ぐためには水分補給が欠かせない。長時間の入浴を避けつつ、入浴前にコップ1杯の水分を飲むだけでもリスク軽減となる。また、利尿作用があるアルコールを過度に摂取しないよう心がけることでも脱水症状を避けられる。年末年始は、アルコールを摂取する機会が増えるため、お茶や水による水分補給も忘れないようにしよう。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
3
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
4
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
5
関西ラウンジママが悲痛激白…最強寒波で最も困る職業は「夜のホステスなんです」