芸能

桑田佳祐の「挑発」に長渕剛が「ケンカをふっかけるなら相手を見ろ」の全面戦争【アサ芸プラス2022BEST】

 ベテラン芸能記者による随時連載『壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史』では、しばしば有名人同士の深刻対立を巡るエピソードも取り上げられてきた。中でもコワモテ感がハンパなかったのが、7月2日に配信された記事。自分のことを歌にされ侮辱されたと激怒した大物アーティストがとった「容赦のない行動」とは──。

 コトの起こりは、桑田佳祐が1994年9月に発売したアルバム「孤独の太陽」の中の1曲「すべての歌に懺悔しな!!」の歌詞にあった。

〈TVに出ないと言ったのにドラマの主役にゃ燃えている〉

〈小粋な仮面でどこかパクった小言を連呼する〉

 そんなフレーズが、矢沢永吉や長渕剛を批判したものではないのか、と一部夕刊紙が指摘したのである。

 とはいえ、本来なら「よくある飛ばし記事」で済まされるはずが、そうならなかった理由は当時、矢沢が「アリよさらば」(TBS系)でドラマに初出演していたことにあった。一方、長渕もシングル「RUN」をめぐる盗作騒動の渦中にいたことから、本人も驚く大騒動に発展してしまったのだ。

 11月13日、桑田が大宮市でのコンサート終了後、緊急記者会見を開くことになり、大物女優を直撃する予定だった私は、編集部からの連絡で急遽、駆けつけることになった。

 会見には所属事務所アミューズの大里洋会長、所属レコード会社ビクターの制作部長が同席。

「歌詞の一部だけを抽出して、長渕さんや矢沢さんを誹謗している、と書かれましたが、今回のアルバムは私小説にまとめたいという気持ちから、自分のことを歌ったもの。特定の人を意識したということは絶対にありません」

 桑田は沈痛な表情で、記事の内容を否定。さらに長渕と矢沢ほか、関係者やファンに迷惑をかけたことを謝罪し、本来ならばこれでシャンシャンとなるはずだった。

 ところが、長渕が11月下旬に発売された月刊「Views」誌上で「オレは桑田佳祐を許さない」と胸中を告白。

〈ケンカをふっかけるんだったら、相手をみてやりゃよかったのに。このごにおよんで、勝負するんだったら、音楽と音楽でやろう、なんてきれいごとは通じませんよ。そんなレベルじゃありませんから〉

 まさしく、宣戦布告である。

 同誌によれば、桑田が会見を開いた翌日、レコード会社の部長が「詫び状」を持参したが、長渕は〈詫びを入れるんなら入れるで、1対1という場面をきっちり作って筋を通せといいたいんだ〉との思いから、桑田の自宅宛てに手紙を送付。同時に桑田の自宅と事務所に電話を入れたが、返事がなかったことから、雑誌での反論となったという。

 これはその後、吉田拓郎や泉谷しげるなどの大御所を巻き込み、さらなる騒動に発展することになるが、

「そもそも言いたいことを言い、歌いたいことを歌うのがシンガー。だから、ケンカ大いに結構。仲良くする必要なんてないんだよ」

 ある音楽評論家が言った、そんな言葉に妙に納得させられたのである。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
4
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
5
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」