芸能

ダウンタウン・浜田雅功 グラドル愛人のエロすぎるお宝映像一部始終

20140703e

 スキャンダルと縁のなかったダウンタウン・浜田雅功(51)に、まさかの愛人発覚。実に3年もの不倫同棲を続けていたお相手は、ごっつええ感じにDXなボディの持ち主だった!

「食欲が止まらない。おかずなしで白米3杯はいける。他人のことっておもしろいな」

 相方の松本人志が浜田の不倫発覚を笑い飛ばした。さらに浜田の妻・小川菜摘は、事実を認めた浜田に対し、度量の広さを見せる。

「意気消沈ゴリラになっています。そんな彼を、私たちは変わらず笑顔で支えていこうと思います」

 さすがは芸人の妻といったところか。

 さて発端は「フライデー」6月27日号である。浜田の別宅マンションに美女を連れ帰り、半同棲は3年も続いていると報じられた。

 そのお相手は吉川麻衣子(29)というFカップグラドル。知名度は高くないが、05年のデビュー以来、イメージDVDは8作も出ているほどコアな人気を誇っていた。

 妻である小川菜摘も若い頃には「オナッターズ」に在籍し、グラビア活動も積極的ではあったが、この“愛人”はさらに過激。代表作「EIGHT」(06年、レイフル)では、あどけない顔だちなのに「18禁」のプレイに挑んでいる。

 では、そのハイライトの数々を紹介してみよう。

──本作はタイトルのままに8つのシチュエーションが味わえる。

 まずチャプター3に置かれた「マッサージ」は、その名のままに女性マッサージ師の手が吉川のボディを縦横無尽にまさぐる。

「あん‥‥そこ、何か微妙な感じィ」

 水着を着たままではあるが、ブラの内側の乳房をわしづかみにし、柔らかそうな触感がはっきりと伝わってくる。150センチと小柄だが、B85・W58・H85のマシュマロボディは、浜ちゃんならずとも手を伸ばしたくなろうというもの。

 そしてラストのチャプターは、その名も「ローション」。まず茶色のアイスキャンデーを、音を立てて舐め、溶けた液体が口からこぼれる。撮影時は21歳の若さだが、男を奮い立たせるテクニックは十分にあったようだ。

 そして水着のブラを脱ぎ捨て、バストトップだけを隠す「シールブラ」だけの姿になり、金粉が混ざったローションが大量に浴びせられる。

「すご~い、ネバネバしてるゥ」

 実に楽しげである。ローションまみれの胸を自分でつかみ、真ん中に何度も寄せる。さらにカメラに向けて、お尻を超接近させるのだ‥‥。

 この報道がもとで吉川はグラビアを引退、浜田も事実を認めて謝罪している。とはいえ、これだけのボディに「アウト~!」と言えるのかどうかは、もう少しチェックする必要がありそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
5
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題