社会

高病原性鳥インフルは致死率50%!汚染された「生卵」「鳥刺し」を食べるとヤバイことに…

 1月12日公開の本サイト記事では、日本国内の養鶏場で鳥インフルエンザに感染した可能性のある鶏の殺処分が激増の一途を辿る中、高病原性鳥インフルエンザの「ヒトからヒトへの感染爆発」がいつ始まってもおかしくない状況にあることを指摘した。

 しかし、ヒトからヒトへの感染爆発を恐れる前に、当面、警戒しておかなければならない留意点も存在する。ズバリ、鶏からヒトへの感染である。

 インフルエンザウイルスに詳しいウイルス学の専門家が指摘する。

「N5H1型と呼ばれる高病原性鳥インフルエンザは、鶏からヒトに感染することがすでに確認されており、その場合の致死率はおよそ50%と言われています。多くの場合、ヒトへの感染は、感染した鶏との濃厚接触によって起こると考えられていますが、専門家の間では、感染した鶏の『生卵』や『鳥刺し』などを食べて感染する危険性も指摘されています。稀なケースとは言われていますが、このようなリスクを完全にシャットアウトするには、鶏卵や鶏肉を加熱してから食べる以外に手はありません」

 感染のリスクは他にもある。ウイルス学の専門家が続ける。

「高病原性鳥インフルエンザは渡り鳥から鶏へ、鶏から野鳥へといった具合に、鳥類の間で伝染していきます。したがって、生きている鳥に加えて、死んだ鳥に触れることも危険です。また、高病原性鳥インフルエンザはキツネやタヌキなどの哺乳動物にも感染しますから、念のため、山野や街中などで出会う野生動物と不用意に接触するのも、避けた方がいいでしょう。今後はイヌやネコへの注意も必要になるかもしれません」

 日本国内で流通している生卵や鳥刺しなどは、十分な衛生管理がなされていると言われるが、加熱するなど注意するに越したことはないのである。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
4
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
5
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画