社会

高病原性鳥インフルは致死率50%!汚染された「生卵」「鳥刺し」を食べるとヤバイことに…

 1月12日公開の本サイト記事では、日本国内の養鶏場で鳥インフルエンザに感染した可能性のある鶏の殺処分が激増の一途を辿る中、高病原性鳥インフルエンザの「ヒトからヒトへの感染爆発」がいつ始まってもおかしくない状況にあることを指摘した。

 しかし、ヒトからヒトへの感染爆発を恐れる前に、当面、警戒しておかなければならない留意点も存在する。ズバリ、鶏からヒトへの感染である。

 インフルエンザウイルスに詳しいウイルス学の専門家が指摘する。

「N5H1型と呼ばれる高病原性鳥インフルエンザは、鶏からヒトに感染することがすでに確認されており、その場合の致死率はおよそ50%と言われています。多くの場合、ヒトへの感染は、感染した鶏との濃厚接触によって起こると考えられていますが、専門家の間では、感染した鶏の『生卵』や『鳥刺し』などを食べて感染する危険性も指摘されています。稀なケースとは言われていますが、このようなリスクを完全にシャットアウトするには、鶏卵や鶏肉を加熱してから食べる以外に手はありません」

 感染のリスクは他にもある。ウイルス学の専門家が続ける。

「高病原性鳥インフルエンザは渡り鳥から鶏へ、鶏から野鳥へといった具合に、鳥類の間で伝染していきます。したがって、生きている鳥に加えて、死んだ鳥に触れることも危険です。また、高病原性鳥インフルエンザはキツネやタヌキなどの哺乳動物にも感染しますから、念のため、山野や街中などで出会う野生動物と不用意に接触するのも、避けた方がいいでしょう。今後はイヌやネコへの注意も必要になるかもしれません」

 日本国内で流通している生卵や鳥刺しなどは、十分な衛生管理がなされていると言われるが、加熱するなど注意するに越したことはないのである。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日・安藤萌々アナがヤクルトキャンプで大顰蹙!村上宗隆以外はガン無視で会釈もせず…
2
YOSHIKI新バンド米国公演の前座は「世界的ガールズバンド」に「逆だろ!」ブーイング
3
今どきこんなことを言う選手が…サッカー・長友佑都の時代錯誤な見解
4
競馬界に風雲急!ホリプロが藤田菜七子から今村聖奈にシフトチェンジした「実力と性格」雲泥の差
5
「中に出して!」篠田麻里子のドロ沼不貞で浮上した「激しすぎる車中の情事」