芸能

きゃりーぱみゅぱみゅ ファンには「塩対応」!? 変装3点セットで顔を隠す厳戒態勢なプライベート

 歌手のきゃりーぱみゅぱみゅ(21)が6月29日、トーク番組「おしゃれイズム」(日本テレビ系)に出演、孤独なアイドル生活を公開した。

 友人と呼べるのは、たった1人。女子高時代から付き合っているボンちゃんだけだという。高校時代、きゃりぱみゅはボンちゃん、ちんあや、ミックの4人組で「チコリー」を結成、お笑い芸人を目指していた。ボンちゃんは中でも美人できゃりぱみゅと似た感性を持っていたことから大の仲良しとなったという。

「自他ともに認める親友で、人見知りで内気なきゃりぱみゅの憩いのオアシス的存在です。著書『Oh! My God!原宿ガール』に登場、きゃりぱみゅのブログにも仲良く食事する姿などが写真付きでアップされている。最近きゃりぱみゅがハマっているゴルフの打ちっぱなしも、ひきずりこんだのはボンちゃんだった」(ネットライター)

ボンちゃんが忙しくて会えない時、友人のいないきゃりぱみゅは単独行動する。SUICAを使って電車にも1人で乗るし、外食もカラオケも1人きりで出かける。

 おひとり様外食も慣れたもので、定食屋チェーン店の大戸屋など1人席完備の店に行くという。1人焼き肉、1人カラオケにも全く抵抗がないという。ただし、いでたちがすごい。フードかぶって、マスクつけて、サングラスかけて入店。たいてい漫画を読みながらの「ながら食事」で、マスクの端を持ち上げてパクつくのだという。変装にも慣れたが、「サングラスをかけてのご飯は画面が暗くなってまずい」

 と愚痴をこぼしていた。

「そこまでしないといけないわけは、ひとえに素性がバレたくないから。もっともそんな完全防備だと余計に目立ってしまう。きゃりぱみゅは153センチと小柄で超色白。ネイルやファッションにこだわって奇抜な私服を着こんでいるから、サングラスをかけていてもすぐにわかる。変装してもほとんど無駄でしょう」(芸能ライター)

 そのためせっかくのプライベートも盗撮されまくりだ。

 6月15日には、盗撮した写真をツイッターにアップしたファンについに逆ギレしてしまった。きゃりぱみゅは自身のツイッターでさらし者にした。「友達と買い物してる時も盗撮される時代」として、ファンが自分のツイッターにアップした写真をリツイート。ファンが「 渋谷のPARCO前できゃりーにあった!きゃりーさんですよね? 頑張ってください!っていったらめっちゃ塩対応だった。めっちゃ早足だし近づくなオーラやばい性格悪いな」というつぶやきにもリツイート。「こういう人には塩対応だよ。写真も断ったのにさ」

 と応酬。

「話しかけてもらえるのはすごく嬉しいし、時間がある時はサインも握手も大丈夫です。でも写真は全員にお断りしてるので、、、それで撮られてるの悲しい。カメラ向けらろてるのわかった、、、くぅ、、」

 と誤字もそのままにするキレっぷりで、その時の状況を説明、改めて釘をさした。撮影に気がついても何も言えずに済ませた結果、盗撮写真が堂々と掲載されている現状を嘆いて見せたのだった。

 この対応には賛否両論の意見が入り乱れ、愚痴をツイートしたファンのツイッターは炎上、ツイッターを削除する結果となった。

 花の青春時代に友人も作れず、時間を合わせやっと合流した友人と買い物でストレス解消しているところを盗撮され、文句を書きこんだらネット住民から罵詈雑言の嵐にさらされる。

 つくづくアイドルとは割の合わない商売といえそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
2
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」
3
瀧本美織、30歳誕生日で期待される“隠れ充実バスト”開放の濃密ベッドシーン
4
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
5
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!