スポーツ

新日本プロレスVS全日本プロレス<仁義なき50年闘争史>「タイガーマスクに対抗!全日本にジュニア王者」

 1982年2月7日、ホテルニューオータニにおけるジャイアント馬場とアントニオ猪木のトップ会談によって、前年春からの引き抜き戦争は終結。

 引き抜き防止協定のガイドラインも決まって一安心の馬場は、同月17日からジャンボ鶴田、天龍源一郎を伴って3週間の長期アメリカ遠征に出発した。

 盟友ハーリー・レイスのお膝元のカンザス、フロリダ、ジョージア、ノースカロライナのNWAの黄金テリトリーを転戦、ラストのノースカロライナ州シャーロットでは、愛弟子の大仁田厚がチャボ・ゲレロを撃破してNWAインターナショナル・ジュニア・ヘビー級王者になり、これは日本でもテレビ放映された。

 73年10月、16歳で馬場の付き人からスタートして8年5カ月‥‥大仁田は24歳にして全日本プロレスの新たなスターになったのだ。

 テレビ解説席の馬場に向かって「社長! 社長!」と泣き叫ぶ大仁田の姿は感動的だった。のちに本人は「試合後に感情が爆発して“社長!”って叫んじゃったよね。やっぱりプロレスには感情表現っていうのは不可欠だし、ナマの感情を吐き出したら、ああなっちゃったんだよ」と、苦笑していたものだ。

 大仁田が喜びを爆発させたのは当然のこととして、全日本の選手がジュニア・ヘビー級のチャンピオンベルトを巻くというのは馬場の悲願でもあった。

 新日本プロレスでは78年3月に藤波辰巳(現・辰爾)がWWWFジュニア・ヘビー級王者として凱旋帰国して空前のドラゴン・ブームを巻き起こし、グラン浜田がメキシコからルチャ・リブレを持ち込んで華麗なジュニア・ヘビー級というジャンルを確立。80年4月のタイガーマスクの登場によって、さらにジュニアは注目されるようになった。

 一方、全日本の主流はヘビー級であり、これまでは74年12月5日の日大講堂で鶴田が減量してNWA世界ジュニア王者ケン・マンテルに挑戦しただけだった。

 タイガーマスク人気によってジュニア路線の確立に乗り出した馬場は、引き抜き戦争真っ最中の前年8月にNWAインター・ジュニア王者チャボ・ゲレロを引き抜いたものの、挑戦者になるべき日本人選手がいないため、ドス・カラスを挑戦させてお茶を濁していた。アメリカ修行中の大仁田、渕正信が成長するのを待っていたのである。そうした経緯があっての大仁田の王座奪取だった。

 その後、大仁田はNWAインター・ジュニア王者としてメキシコに遠征。一度はサングレ・チカナに王座を奪われるも奪回し、6月に1年9カ月ぶりに凱旋帰国。タイガーマスクに対抗するべく、“炎の稲妻”のニックネームでアイドルとして売り出された。

 この大仁田の帰国を前に、新日本の新間寿取締役営業本部長が「あのベルトの第1挑戦権は新日本所属レスラーにあるということになっていたのに、チャボが勝手にアメリカで大仁田と防衛戦をやって取られてしまった。ウチのWWFジュニア王者のタイガーマスクはNWA世界ジュニア王座への挑戦が決まっていて、必ずやWWFとNWAの2冠王になると信じている。もし大仁田がベルトを持って帰ってくるなら、タイガーマスクとジュニア世界統一戦をやろう」と挑発発言。

 これは停戦成立を踏まえた上での新間のタイガーマスク2冠達成に向けての話題作りであり、同時に全日本の大仁田にも注目が集まるようにという配慮もあった。当然、馬場もその真意がわかっていたから「正式な申し入れがあったら検討しますよ」と定番のコメントを出すだけだった。

 タイガーマスクは期待通りにWWFとNWAのジュニア2冠王になって、まさに絶頂期に突入。それだけに対抗馬と見なされた大仁田は辛かった。

 馬場が大仁田を帰国前にメキシコに送ったのは、空中殺法をマスターさせるためだったが、付け焼き刃の飛び技は、タイガーマスクの四次元殺法を際立たせるだけだった。

「あの頃はちょうどタイガーマスクの全盛時代で、俺にとっては辛い時代だったよ。彼と俺のスタイルは全然違うからね。チャボからベルトを獲った後に2カ月ぐらいメキシコに行って、トペとか空中殺法も覚えたけど‥‥別に覚えたくもなかったんだよ。でも、会社も馬場さんも、俺が飛ぶことを望むから無理してやってたけどね。あの頃は扱いとは裏腹に楽しくなかった」とは、大仁田の述懐だ。

 大仁田は翌83年4月20日に左膝蓋骨複雑骨折の重傷を負って1年1カ月の長期欠場を余儀なくされ、その間の83年8月12日にタイガーマスクこと佐山聡は虎のマスクと2本のベルトを返上して電撃引退。タイガーマスクと大仁田の新日本vs全日本ジュニア頂上決戦は実現することはなかった。

 両雄がリングで相まみえたのは2012年3月16日の後楽園ホールにおける、佐山主宰のリアルジャパン・プロレスのリング。対決が期待されてから30年後のことだった。

小佐野景浩(おさの・かげひろ)元「週刊ゴング編集長」として数多くの団体・選手を取材・執筆。テレビなどコメンテーターとしても活躍。著書に「プロレス秘史」(徳間書店)がある。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
5
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題