政治

「軍事パレード」でミサイル大量誇示…金正恩が種子島ロケットを「危険なスパイ衛星」呼ばわりの噴飯

 2月8日、北朝鮮が朝鮮人民軍創設から75周年を記念した軍事パレードを、首都・平壌の金日成広場で実施した。

 これを報じた国営の朝鮮中央通信によれば、パレードには戦術ミサイルや長距離巡航ミサイル、さらに戦術核運用部隊、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17」が披露されたという。北朝鮮事情に詳しいジャーナリストが解説する。

「出席した金正恩総書記の演説はなかったようですが、公開された映像には李雪主夫人とともに、娘のジュエ氏らしき人物も映っていました。ジュエ氏は最近になって、金総書記に同行する様子が頻繁にアピールされていることから、金総書記の後継者として位置づけられていることが窺えます」

 今回のパレードは対北朝鮮で協力して対抗する日米韓をけん制する狙いもあったとされるが、ジュエ氏の登場とともに注目されたのが、過去最高の十数基が登場したICBMだ。

「『火星17』は20年10月の軍事パレードで初公開され、昨年11月には日本海へ向けて発射。北海道の西の日本のEEZ(排他的経済水域)内に落下して北朝鮮が成功を大々的に報じ、日本を震撼させました。そして今回のものは従来の液体燃料型から、より迅速な発射が可能となる固体燃料型に改良された最新型との見方もあり、韓国政府が注視しています」(前出・ジャーナリスト)

 威嚇の度を強める北朝鮮が昨年、日本海に発射したミサイルは、過去最多の73発。その一方で、軍事パレードが行われた8日には、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の機関紙「朝鮮新報」が、こんな情報を伝えている。

「北朝鮮の外務省研究員が省のウェブサイトに投稿した記事を紹介しているのですが、日本が1月26日、種子島から政府の情報収集衛星を搭載した『H2A』ロケット46号機を発射したことを非難。『地域情勢の緊張を激化させる危険な行為』などと噛み付いたのです。さらに研究員は、日本は1970年からこれまで100機を超える衛星を発射してきたが、03年に初のスパイ衛星を打ち上げ、最近は先制攻撃能力保有のために兵器開発と導入に拍車をかけている、とも。さらには『平和と安定を目指す国際社会の正当な要求と警告に耳を傾けるべきである』などと指摘している。自分の国は昨年だけで73発もミサイルを発射しておきながら、いったいどの口が言っているのかと、呆れるばかりです」(前出・ジャーナリスト)

 わかりきっていることだが、かの国には国際秩序も常識も、いっさい通用しない。金正恩の大暴走は、エスカレートするばかりだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
2
横浜F・マリノス「ホーム試合開催」大ピンチがスポーツ界に拡大する「深刻大問題」
3
人気俳優Aに「年内結婚」「事務所独立」が急浮上
4
サッカー前園真聖の後輩選手がビクビク暴露「高校時代は怖すぎた」その理由を聞いて脱力
5
大谷翔平の主婦人気ガタ落ちは本当か!本塁打単独トップへの無関心に「理由は結婚じゃない」