芸能

松本人志が「これはかなわない」と降参した奇抜芸人の「予想外の行動」

 お笑い界の大御所、ダウンタウンの松本人志をもってして「かなわない」と降参させた芸人がいる。パフォーマンス集団「電撃ネットワーク」のYouTubeチャンネル〈電撃TV/電撃ネットワーク公式〉で、それは明かされた。

 86年から87年にフジテレビ系で放送された番組「ひょうきん予備校」に、話は遡る。これは「オレたちひょうきん族」の関連番組で、若手芸人を受講生に見立て、芸能界について勉強していく内容だった。司会は島田紳助。講師に明石家さんま、タモリ、笑福亭鶴瓶、立川談志、関根勤といった豪華な顔ぶれを招き、

「この時、受講生として出演していたのが、ダウンタウン、久本雅美、清水ミチコ、ホンジャマカ結成前の石塚英彦、恵俊彰など。その中に、当時はダチョウ倶楽部のリーダーだった南部虎弾の姿もありました」(テレビライター)

 ウサギの大きな耳がついたリュックを背負った南部が最前列の席に陣取ると、松本ら後ろの出演者が『前が見えない』とクレームをつけた。南部がリュックを下ろすのかと思ったところ、リュックから取り出したハサミで耳をちょん切り、改めて背負い直したという。「これで見えるでしょ」と。松本はこの行動に「自分の発想外のことをする人」だとして、南部にはかなわないと思ったのだとか。

 だが南部は「ダウンダウンを売るための番組だった。(ダウンタウンの席が)オレの後ろに来るわけないじゃない」と反論するのだが…。

 南部はその奇抜すぎる芸風ゆえか、87年にダチョウ倶楽部を脱退、90年に電撃ネットワークを結成している。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え